風俗やデリヘルの広告・マーケティング

風俗の広告・マーケティング

風俗店には、集客の為の広告運用や広報、マーケティングという重要なお仕事があります。
小さな風俗店では店舗スタッフが自ら行う場合もありますが、大抵は担当者や専門チームを設け、より効果的な広告の運用や市場の開拓(マーケティング)に勤しんでいます。

風俗は一般の業種と違うアダルト産業です。
その為、広く知られている一般のメディアで広告を打つことがほぼできません。
限られた広告メディアの中で自社の価値を余すことなく多くの人に知ってもらうこと、それが風俗マーケターのお仕事です。

目次
風俗マーケターに必要な心構え
広告の運用
集客と同じくらい重要なキャスト求人
もっともっと広い風俗マーケティング
いま元気な風俗専門の集客&求人メディア
広告とは
マーケティングとは
風俗業界で働く広告運用スタッフ生の声
現役の風俗広告運用スタッフにインタビュー
風俗広告運用スタッフの給料
風俗の広告・マーケティングに携わる人にオススメの書籍
風俗広告の関連動画
風俗マーケティングの関連動画


風俗マーケターに必要な心構え

より良い費用対効果で広告運用を行う為には、常に市場を把握しておく必要があります。

・ユーザーはどんな業態・ジャンルに興味があるのか
・どんなデバイスでメディアを閲覧するのか
・いま最も元気のあるメディアはどこか…etc

常にアンテナを張り、時代の変化を捉えていかなくてはいけません。
そして、何より風俗やエロに対する情熱と愛を忘れてはいけません。

【PR】関東最大級風俗シンデレラFCグループ 広告運用の求人はコチラ↓

関東最大級風俗シンデレラFCグループ 広告運用の求人

関東最大級風俗のシンデレラFCグループには、本社企画部という広告運用専門チームがあります。
風俗が好きな方、広告運用やマーケティングに興味がある方、大歓迎です!

広告の運用

風俗の広告というのは、他の業界に比べて狭く深いです。
つまり、同じメディアに競合他社が集結しています。
どんなに優良なメディアでも、普通の魅せ方をしていては他の風俗店に埋もれてしまいます。
イメージにしろ、価格にしろ、ユーザーがアッと目を引く様な施策や企画で勝負をしてより広告効果を上げるのも重要なお仕事です。

集客と同じくらい重要なキャスト求人

風俗という商売の性質上、集客に割くリソースと同じくらい、いやそれ以上にキャスト求人に割くリソースが重要です。
極端なはなし、質の良いキャストがたくさんいれば勝手に売り上がっていきます。
ですから、求人広告の運用に関しても他社に埋もれないプロモーションを行っていく必要があるのです。

もっともっと広い風俗マーケティング

上述したのは、あくまで風俗専門メディアの運用についてです。
マーケティングという概念のほんの一部に過ぎません。
風俗専門ではない一般のメディアでも、風俗店が集客や求人を行っていける可能性は大いにあります。

例えばGoogle(SEO)では、検索需要の多いキーワードで上位表示すれば驚くほどの集客力があります。
詳しくは「風俗・デリヘルのSEOは超重要」をご覧ください。

SNSなんかもあります。
アダルトは一切使えないメディアもある中で、世界中で人気のTwitterなんかは充分に風俗店の集客メディアになり得ます。

また、ブログやメルマガなども集客や求人に大きく役に立ちます。

いま元気な風俗専門の集客&求人メディア

ぴゅあらば(集客WEB広告メディア)

ぴゅあらば(集客WEB広告メディア)

口コミ風俗情報局(集客WEB広告メディア)

口コミ風俗情報局(集客WEB広告メディア)

シティヘブンネット(集客WEB広告メディア)

シティヘブンネット(集客WEB広告メディア)

バニラ(求人WEB広告メディア)

バニラ(求人WEB広告メディア)

いちごナビ(求人WEB広告メディア)

いちごナビ(求人WEB広告メディア)

365日マネー女子宣言!(求人WEB広告メディア)

365日マネー女子宣言!(求人WEB広告メディア)

広告とは

広告とは、企業などが利益の為に行う宣伝や広報活動の事を指します。
文字通り、不特定多数の人に「広く告げること」が語源だと言われています。
人の目に触れたり、耳に入ったりする媒体であれば、どんなものでも広告メディアになり得ます。
テレビやラジオはもちろん、新聞や雑誌、駅のホームや電車内のスペース、スポーツ選手のユニフォームやウェブサイトなどあらゆる場所に広告は設置されています。

広告代理業

広告代理業とは、広告となりうるメディア(テレビ局や新聞社)と宣伝をしたい広告主を結ぶ事業です。
広告の制作まで行う企業もあります。
日本では電通や博報堂が有名な大手の広告代理会社です。

移ろいゆく広告メディア

広告メディアは、時代とともにその効力が移ろいゆくものです。
関心ごとや人々の生活様式の変化によって、注目のあつまるメディアやデバイスは変わっていきます。
例えば、現代ではテレビ番組の広告効果は落ちています。
人々がテレビを見なくなり、パソコンやスマホを使う時間が増えたからです。
そうなると、テレビよりもウェブメディアの方が広告媒体としての価値が高まっていきます。
この様に、その時代によって広告力のある媒体というのは変遷していきます。

マーケティングとは

マーケティングとは、市場を開拓することを指します。
「開拓」なんて言うと大げさに聞こえるかも知れませんが、シンプルに利益を大きくする、広げる為の活動全てをマーケティングと言います。
マーケティングという広い概念の中に、広告もブランディングも商品開発も含まれます。
自社の商品を「質を高める」「種類を増やす」「広く報せる」「会社の信頼を上げる」などなど…。
これらの全てを包括して、マーケティングと呼びます。
企業などには往々にしてマーケティング部なんて専門チームがありますが、マーケティングには全ての従業員が関わり取り組むのが理想的だと言えます。

マーケティングリサーチ

マーケティングを実行に移す前にとても大切なことがあります。
それは、マーケティングリサーチです。
自分たちが良いと思うものを作って、良いと思う方法で広めたところで、世の中と温度差があっては自己満足に終わってしまいます。
そうならない為には「今のマーケットではどんなものが受けているのか?」とか「どんな広告手法が世間の目を引くのか?」とか「自分たちの商品はどんな層に受け入れられやすいのか?」などのリサーチに裏打ちされた戦略を立てなければいけません。
そうやってリスクを回避した上で、利益を最大化するマーケティングを行う必要があります。

マーケティングと営業は別物

よくマーケティングと営業を混同している人がいますが別物です。
マーケティングの手段のひとつとして営業があります。
つまり、マーケティングの下位概念に営業があるというのが正解です。

マーケティングとブランディングも別物

マーケティングとブランディングもよく混同されます。
ブランディングもマーケティングの下位概念になります。
ブランディングの成功例をAmazonで説明してみます。
例えば、ある商品がAmazonと無名の通販サイトで同じ値段で売ってたとしましょう。
この場合、多くの人がAmazonで購入をします。
これは購入者に「Amazonなら安心」「Amazonなら購入完了まで迷いなく進める」などのブランディングに成功しているからなのです。
これが、多くの小売店がアマゾンに手数料を払ってまで出店をする理由なのです。

風俗業界で働く広告運用スタッフ生の声

風俗業界で働く広告運用スタッフ

私はとある大手風俗グループの広告運用スタッフとして働いています。
一般的な職種名で言うと「広報」とか「広告宣伝」の部門ですね。
われわれ風俗の広告運用スタッフが普段の仕事を列挙するとこんな感じです。

・メディアや広告代理店の担当者との打ち合わせ
・社内での打ち合せ
・メディアの調査
・広告の見直し
・戦略の立案
・効果測定

外部の担当者と打ち合わせをして、より良い広告の運用を模索していきます。
また、いつどこから元気なメディアが現れるか分かりません。
そんな時に備えて、自社でも日々の調査が必要です。

そして、費用対効果をより上げる為に、常に広告の見直しは行われます。
最新の解析ツールを使う事もあれば、オフラインで実際の声を拾いに行く事もあります。
その都度、効果を測っていきます。
まぁ簡単に言うとPCDAのサイクルです。
そんな感じで、日々広告運用を行っています。
風俗が大好きな私にとって、天職の様な仕事です。

現役の風俗広告運用スタッフにインタビュー

広告運用スタッフにインタビューする人
広告運用スタッフになったきっかけはなんですか?
広告運用スタッフ
風俗のウェブコンテンツを作ってる会社で働きたかったんですが、自分ができそうな職種がそれだったので。
広告運用スタッフにインタビューする人
広告運用スタッフのやりがいを教えて下さい。
広告運用スタッフ
自分が関わった広告でお客さんが来たりキャストさんの応募があったときですね。
広告運用スタッフにインタビューする人
広告運用スタッフの苦労などあれば教えて下さい。
広告運用スタッフ
ロジックの大切だし、一方でセンスも問われるし、答えの無い仕事なので、そういった部分では苦労もあります。
広告運用スタッフにインタビューする人
広告運用スタッフはどんな人が向いていると思いますか?
広告運用スタッフ
風俗業界の場合は、まずエロが好きな人は向いてますね。
広告運用に関しては、時代の変化やトレンドに敏感な人が強いと思います。
広告運用スタッフにインタビューする人
広告運用スタッフとして心がけていることはありますか?
広告運用スタッフ
「木を見て森を見ず」にならない様に心がけています。
広告そのものの善し悪しだけじゃなく、その広告が掲載されるメディアの特徴やユーザー層なんかも考慮しなければいけません。

風俗広告運用スタッフの給料

どんな産業にも広告関連の職種がありますが、やはり安定感と規模が桁違いの風俗業界の広告運用スタッフの給料はダントツで高いです。
中でも特筆すべきは関東大手シンデレラFCグループのメディア企画です。
月給24万円からのスタートで、業務習得や目標達成によって随時昇給していきます。
広告運用の実務経験がない未経験者でも歓迎されています。

風俗の広告・マーケティングに携わる人にオススメの書籍

傑作!広告コピー516 人生を教えてくれた 編集:メガミックス

風俗マーケティングに携わる人にもオススメの広告コピーの傑作選です。
消費者を揺るがすコピーには何かしらのセオリーやメソッドが隠されているのです。

乳房の神話学 著:ロミ

風俗の広告に携わる者であれば、ユーザーがどんな画にグッとくるのか心得ている必要があります。
人類はこれまでの歴史の中で、いつも乳房のふくらみに惹かれ続けてきました。
その一点をフィーチャーした温故知新の良書です。

怪しい広告潜入記 著:橋本 玉泉

人は怪しげなモノに惹かれてしまうものです。
「怪しい」は「妖しい」と表現することもでき、エロスとは切っても切れない形容詞です。
風俗広告を制作する者にとっての必読の書と言えるでしょう。

風俗広告の関連動画

風俗求人メディアの広告トラック

風俗は広告できるメディアの限られた産業です。
そんな事もあって、都市部なんかでは広告トラックをよく見かけますね。
そんな広告トラックですが、実は効果的らしいです。
キャッチ―な音楽でサイト名を覚えてもらえます。
いずれ風俗で働こうと思った時に検索してもらったり、安心して利用してもらうことができますね。

風俗マーケティングの関連動画

「風俗的マーケティング」の視点を知る 著:モリコウスケ

「風俗的マーケティング」という書籍のサマライズと解説者の感想が語られています。
風俗マーケティングの勉強になる素晴らしい動画です。

↑ ページ上部へ