風俗男性求人

風俗業界のコンプライアンスについて教えて

風俗業界の
コンプライアンスについて教えて

風俗業界のコンプライアンス

「コンプライアンス」という言葉をニュースなどでよく耳にするようになりました。
社会人経験がある方であれば、一度はこの言葉を聞いたことがあることでしょう。

最近は風俗業界もコンプライアンス経営に真剣に取り組むようになりました。なぜなら、そうでなければせっかくのいい人材を他の業界に奪われてしまうからです。

しかし、このコンプライアンスという言葉、聞き覚えはあっても意味を明確に答えられる自信がある人は少ないのではないでしょうか。

コンプライアンスの真の意味

コンプライアンスの真の意味

コンプライアンスは英語で「compliance」と綴り、日本語では「従順」と訳されますが、社会では一般的に「法令遵守」(企業がルールや社会的規範を守ること)を意味します。

しかし、実はそれだけではありません。

社会人にとって、法令を遵守するのは当たり前。最低限のことにすぎません。

コンプライアンスには「法令遵守」に加えて「法律として明文化されてないが、社会的に認識されているルールに従って企業活動を行う」といった意味があります。ここで言う社会的に認識されているルールとは、倫理観や道徳観などです。

法令だけではなく社会的規範を守ることは「社会からの信頼を得られる」「企業の知名度を上げる」というメリットにつながります。

反対に、コンプライアンスに違反すれば社会からの信頼を失い、企業活動に悪影響が出ることにもなりかねません。そのような事態を避けるためにも、働くならコンプライアンス経営にしっかり取り組んでいる企業を選びたいものです。

とは言え、最初から「コンプライアンスなんてクソくらえ」と平気で違反する企業は多くはありません(あったとしたら、よほどのブラックな企業です)。

大抵の場合、コンプライアンスは自分でも気付いてないうちに違反してしまうものです。例えば、サービス残業が当たり前になっている会社では感覚がマヒしてその状態が「普通」になってしまいます。また、仮にそれが違反とわかっていても、それを報告・相談しにくい社風だという可能性もあります。そうした同調圧力がある環境では、改善はなかなか難しいでしょう。

こうしたコンプライアンス違反が起こりやすい組織には、共通項があります。

それは、決定的な「コミュニケーション不足」です。

何でも話し合える環境ではなく、コミュニケーションが足りないために上司や同僚を信頼できず、自分の意見や不安を押し殺して衝突を避けようとします。その結果、責任を他人に押し付け、たらい回しするようになって事態を悪化させてしまうのです。

コンプライアンス違反する組織の特徴

コンプライアンス違反する組織の特徴

ここに、コンプライアンス違反に陥りやすい組織の特徴を挙げてみます。

現在就業中の方は自分の組織があてはまっているかどうかチェックしてみましょう。また、就活中の方は下記の項目を会社選びの参考にしてみてください。

・ワンマン経営・同族経営、もしくはトップダウン方式の組織である
・体育会系の組織である
・業界内の市場占有率が高く、競争相手がいない
・組織の価値観が共有されていない
・会社のミッションが明確ではない
・組織のビジョンがない
・クライアントの利益や安全より、会社の利益を優先させる傾向が強い
・不祥事を起こしたメンバーに対する処分が甘い
・社内の一部のメンバーに権限が偏っている
・経営陣が一般社員の意見を聞く場がない
・上司・部下間の信頼関係がない
・業務・プロジェクトの責任の所在がはっきりしていない
・業務を遂行する上で、古くからの慣習や暗黙の了解となっていることがある
・自社が提供している商品・サービスの質や企画の適正判断を定期的に行う仕組みがない
・自社が抱える課題やリスクを定期的に洗い出す機会がない
・監査を内部機関のみで行っている
・自社が重視すべき法令を把握していない
・社内の問題を相談する窓口がない
・情報が共有されていない
・何より結果が重視される

風俗業界とコンプライアンス"

風俗業界とコンプライアンス

さて、ひるがえって風俗業界の現状はどうでしょうか。

上記のリストをご覧になって、もしかしたら「これ、風俗業界にほとんど当てはまることじゃないの?」と思った方もいるのではないでしょうか。

たしかに、ひと昔前の風俗業界にはこうした店舗が少なからずあったことは事実でしょう。それゆえ、悲しいことに風俗業界はまだ「ブラック」だと偏見を持たれることが多いのが現状です。

先の新型コロナ騒動では、風俗業界が持続化給付金の対象から外されたり(のちに撤回)、休業要請の矛先にされたりといった「偏見」を受けたのは記憶に新しいところでしょう。

しかし、冒頭に述べた通り、風俗業界にもこの悪しき現状を打破しようとする意識の高い店舗が現れてきました。一般企業と比較しても遜色のない経営方針を掲げ、同等の待遇や福利厚生を実現しているグループも増えています。

もちろん、一部にはいまだに旧態依然としたブラック体質な店舗も残念ながらあります。しかし、ホワイト化のムーブメントは確実に高まっています。

一般企業もホワイトな会社ばかりではなく、中にはブラックな会社が存在します。コンプライアンス問題を考える際には「風俗業界全体がブラックなのではない」ということを認識しておくべきでしょう。

コンプライアンス重視の大手風俗グループ"

コンプライアンス重視の大手風俗グループ

シンデレラFCグループは業界の一端を担う大手グループとしての自覚と責任をもち、業界の健全化に取り組んでいます。

過去の風俗業界の慣習を省み、風営法などの法令の遵守はもちろん、業界内での「非常識な常識」などを公正な倫理観をもって是正するべく、グループの運営にあたっています。

それだけではなく、シンデレラFCグループでは法令や社会良識の背後にある「社会的要請」に応えていくことが重要と考えています。

初期のコンプライアンス遵守はボランティアや善行的な社会貢献に終始しており、利潤の追求を目的とする企業では構造的に限界がありました。

そうした反省から、シンデレラFCグループは社会的問題の解決と企業の競争力向上を同時に実現する「CSV」(Creating Shared Value:共通価値の創造)を重視しているのです。

単なる社会貢献ではなく、地域社会の一員として真剣に社会問題の解決に取り組み、風俗業界の印象を変えていくことをシンデレラFCグループは目指しています。

【参照ページ】コンプライアンス経営



オススメ求人

高収入男女スタッフ求人


上に戻る