風俗で重宝されるWEBデザイナーの求人

風俗で活躍するWEBデザイナー

風俗やデリヘルは、イメージによる訴求が大変に重要な産業です。

風俗ユーザーがこれから遊ぶ店を決める上で、ビジュアルは意思決定の為の大きな要因になることは想像に難しくないはずです。
その為、他の業界以上にイメージ戦略にはリソースを割いており、体系的なデザインの教育をしっかり受けた者や実績のあるプロのデザイナーが風俗メディアをデザインしています。

また、風俗の大手グループではウェブスタッフチームを持っているところもあり、その中にはデザインを専門に行う部署もあります。
WEBデザイナーは人気の職種でもある為、比較的入りやすい風俗業界でまずは実務経験を積もうと考えている人も多い様です。

だからと言って、風俗業界のWEBデザイン分野のレベルが低い訳ではありません。
風俗はお客さんひとりの単価が高い遊びです。
どのデリヘルや風俗店も、ホームページを訪れたユーザーを一人でも多く来店に繋げたいと考えています。

エロく惹きつけるWEBデザイン、必要な情報のページへ導くユーザーインターフェース、様々な角度から多くのことを要求される仕事です。
また、フォトショップやイラストレーターをはじめとする、デザイン系のソフトを使いこなせる技術や知識も重宝されるでしょう。

目次
風俗WEBデザイナーのとある1日
風俗WEBデザイナーの給料
風俗WEBデザイナーの休日や福利厚生
風俗でWEBデザイナーの求人を探す方法
風俗でWEBデザイナーとして活躍するスタッフの生の声
デザイナーとは
風俗WEBデザイナーにオススメの書籍
風俗WEBデザイナーにオススメの動画
風俗とWEBデザイナーに関するつぶやき


【PR】シンデレラFCグループ WEBデザイナー求人はコチラ↓

風俗WEBデザイナー求人

風俗WEBデザイナーのとある1日

大手風俗グループの本社で働く男性社員(WEBデザイン部門)の1日をウォッチしてみました。

1.出社

風俗EBデザイナー1

今日も1日、お客さんや店舗スタッフに喜んでもらえるWEBデザインを頑張ります。

2.WEBデザイン作業

風俗WEBデザイナー2

グループ店から次々と依頼されてくるWEBデザイン作業を捌いていきます。

3.昼食

風俗WEBデザイナー3

今日は近くのお弁当屋さんで、大好きなカラアゲ弁当をいただきました。

4.WEBデザインの打ち合せ

風俗WEBデザイナー4

グランドデザインを任された新ブランドの店長さんとの打ち合せです。
店長さんの思い描くイメージを引き出しながら、WEBデザイナーとしての意見もバンバン提案していきます。
擦り合わせを重ねてこそ良いデザインが生まれるんです。

5.休憩

風俗WEBデザイナー5

仕事が一段落したのでちょっと一服。

6.デザイン作業

風俗WEBデザイナー6

デザインに関する細かい確認など、電話も使ってやりとりをしていきます。

7.バナーデザイン

風俗WEBデザイナー7

サイトデザインだけじゃなく、バナーのデザイン依頼もこなしていきます。

8.退社

風俗WEBデザイナー8

お疲れ様でした!

風俗WEBデザイナーの給料

WEBデザイナーと言えば、人気の職業のひとつに数えられますね。
しかし、人気職業には「薄給」という宿命もついてまわります。
志望者が多い事で、雇う側も給料を上げないという選択が可能なのです。

しかし、風俗のWEBデザイナーは違います。
想像もつかないほどの超巨大市場である風俗産業に携わりますから、裏方にあたるWEBデザイナーにも高収入の恩恵は降り注ぐのです。
例えば、大手風俗グループ専属のWEBデザイナーを例に挙げてみましょう。
WEBデザイナーの実務経験のない人でも24万円スタートですし、経験があれば30万円以上からのスタートも可能です。
参考:シンデレラFCグループのWEBデザイナー求人

独自の人脈やコネクションを形成できれば、フリーランスのWEBデザイナーとして独立する事も可能です。
風俗業界のWEBデザイン需要は大きいですから、優秀なWEBデザイナーの収入は天井知らずです。
WEBデザイナーにとっても夢のある世界、それが風俗業界なのです。

風俗WEBデザイナーの休日や福利厚生

WEBデザイナーに限らず、ITの分野はブラック企業のイメージが強いですよね。
風俗のWEBデザイナーになったら、休日も無く長時間労働を強いられるんじゃないか…

そんな事はありません。
大手の風俗グループなんかでは、普通のWEBデザイン会社よりよっぽどホワイトです。
ちゃんと週休二日あって残業もありません。
社会保険完備や交通費支給などの福利厚生も充実しています。
参考:シンデレラFCグループのWEBデザイナー求人

風俗でWEBデザイナーの求人を探す方法

WEBデザイナーとして風俗産業に関わる、3つの主な方法について解説したいと思います。

まず1つめですが、大手風俗グループの専属WEBデザイナーになるという方法です。
大手風俗グループともなれば自社のスタッフ求人メディアを持っていますので、検索エンジンなどから探してみましょう。
また、風俗にはスタッフ求人専門の媒体もありますので、その中でもWEBデザイナーの求人を探す事が可能です。
需要の大きな職種ですから「WEBデザイナー」だけで絞り込みをかけたることができます。
お薦めの大手風俗WEBデザイナー求人:シンデレラFCグループ

風俗でWEBデザイナーの求人を探す方法

次に、フリーランスのWEBデザイナーとして風俗店をクライアントに持つという方法です。
人脈やコネクションが無いWEBデザイナーは、クラウドソーシングなどのマッチングサイトを使って、風俗店から仕事をもらえる様にアピールしましょう。
またSNSも活用できます。
Twitterやfacebookなどを使って、風俗系のWEBデザインが得意である事や関心がある事を開示していきましょう。

最後に、風俗店をクライアントに持つWEBデザイン会社に入るという方法です。
これは少し難しいです。
会社には守秘義務がありますから、どんなクライアントがいるかなんて事は開示していませんし、アダルト産業と取引がある事は普通は積極的に公開しません。

ですから、風俗のWEBデザイナーの仕事を探す場合は、上述した「大手風俗グループの専属WEBデザイナーになる」もしくは「フリーランスのWEBデザイナーとして風俗店をクライアントに持つ」のふたつが現実的かと思います。

風俗でWEBデザイナーとして活躍するスタッフの生の声

風俗でWEBデザイナーとして活躍するスタッフ

私は関東の大手風俗グループの専属WEBデザイナーとして働いています。
WEBデザイナーのスクールを卒業してからWEBデザインの会社に入り、その後はフリーのWEBデザイナーとして色んな業界の人とも仕事をしました。
そんな中で風俗のWEBデザインの仕事を頼まれる機会があり、その時に風俗のWEBデザインのレベルの高さを知りました。
風俗産業はとにかくWEBコンテンツの質が売り上げに大きく影響します。
その為、WEBデザインの凄くレベルが高いんです。
その時のクライアントの要求のレベルが高くて何度もやり直したのですが、その要求のひとつひとつが私を成長させてくれる内容でした。
その仕事が終わってから、WEBデザイナーとしてはじめて充実感を得られた様な気がしました。

それからというもの、風俗のWEBサイトを研究する様になりました。
そんな中で、特に機能美と官能美を兼ね備えたWEBサイトを多数展開してる大手の風俗グループを見つけました。
それが、いま私が働いている大手風俗グループです。

入社してからというもの、自分がいかにWEBデザイナーとしてレベルが低いか思い知らされました。
本当に凄腕のWEBデザイナーばかりが集まっていますし、デザイン関連の設備も莫大な費用が投資されています。
そんな現場ですから、WEBデザイナーとしての毎日の様に感じながら充実した日々を過ごしています。

あのとき風俗店のクライアントに出会い、風俗のWEBデザインに興味を持ち、そして実際に風俗店の専属WEBデザイナーになって本当に良かったと思っています。

デザイナーとは

デザイナーとは、クライアントの要望に対して「何か」を考慮したり、設計や造形を行う職種を指します。
しばしばアーティストと混同されがちですが、デザイナーとは決定的に違います。
アーティストの場合はクライアントが存在しません。
世界中から支持されても、誰ひとりの注目を浴びなくても、主観的に創りたいものを創ります。
一方、デザイナーにはクライアントとその目的があります。
あくまで客観的なスタンスで、クライアントの望み通りにデザインを行っていきます。

目的に沿ったデザイン

上述した様に、デザインには必ずクライアントの「目的」があります。
例えば「新商品の特設ウェブページをデザインしてほしい」と言われた場合、その商品のターゲット層に受ける雰囲気、売りとなるフレーズの強調、目的に導く分かりやすいユーザーインターフェースなどなど…
あくまでも目的の為のデザインを心掛けなければなりません。
「俺はこの色が好きだから」とか「この方がオシャレやん」とか言語道断です。

色々なデザイナー

設計したり造形したりするデザインの技術や知識は、あらゆる分野から求められます。
その為、デザイナーという名詞の前にその分野を冠する場合がほとんどです。
ファッションデザイナー、WEBデザイナー、グラフィックデザイナー、インテリアデザイナーなどなど…
数え上げたらキリがありません。

デザイナーに求められるスキル

デザイナーという言葉の幅が広すぎて一概には言えませんが、その分野でスタンダードな基本的な技術や知識を身につけることは必要です。
WEBデザイナーやグラフィックデザイナーであればデザインソフトを使いこなせなければいけませんせんし、ファッションデザイナーであればミシンを使えなければ話にならないでしょう。
デザインは形にする仕事なので、形にする技術が無ければ何もはじまりませんね。

風俗WEBデザイナーにオススメの書籍

エロの「デザインの現場」 著:有野 陽一

風俗WEBデザイナーにオススメ エロの「デザインの現場」

エロの「デザインの現場」は、風俗でWEBデザイナーをするならば必読の良書です。
風俗業界はイメージ戦略が売上を左右する現場で、WEBデザイナーの腕に店舗経営の生き死にがかかってきます。
WEBデザインの技術や知識、または経験など、WEBデザイナーとしての基礎の力量と並んで、「エロのデザイン」という独特の感性が求められます。
そして、大きな責任の中で磨かれるそのセンスは、WEBデザイナーとして大きな力となることでしょう。
その根拠は何か?
世の中を見渡して下さい。
風俗業界などのエロ産業に限らず、どれほど広い分野でデザインにエロスが求められていることでしょう。
そう、人間の生の根源であるエロスを表現できるデザイナーが、どれだけ重宝されるかなんて説明するまでもありません。
冒頭の言葉は撤回します。
エロの「デザインの現場」は、全てのデザイナーが須らく読むべきワールドスタンダードです。

風俗WEBデザイナーにオススメの動画

IllustratorでWEBデザインしよう

風俗に限らず、全ての分野のWEBデザイナーが見るべき素晴らしい動画です。

風俗とWEBデザイナーに関するつぶやき

WEBデザイナーという職種が、風俗産業にとってどれほど重要かは、求人誌などを見ればすぐに分かります。

風俗店はイメージ戦略が売上に大きく影響しますから、優秀なWEBデザイナーはヒッパリダコです。

風俗というフィールドで仕事をするだけで、WEBデザイナーとして高収入を得ることができます。

Twitterなどの人気SNSでも、風俗の仕事ができるWEBデザイナーを募っている人がたくさんいます。

WEBデザイナーに限らず、風俗関連の企業はホワイトが多いです。
お給料もしっかりもらえて福利厚生も充実、休日はオフも充分にあります。

↑ PAGE TOP