風俗男性求人広告のについて

風俗男性求人広告の嘘について

「最近の風俗業界は以前よりも“ホワイト”です」
「社会保険完備・週休2日制のお店が増えています」

これまで本コラムでは上記のような内容を何度も取り上げ、風俗業界の健全化をアピールしてきました。

それは本当です。事実なんです。ですが……残念ながら、風俗店の中には求人広告に都合のいい条件を掲載しておいて、いざ応募してみたら「書いてあった待遇と全然違う」なんていうお店が存在するのもまた事実。

おそらく、皆さんも何となく気付いていたことでしょう。

「どのお店も条件が良すぎて、どうも嘘くさい」
「本当に求人広告に書かれている通りの待遇なのか」

そんな風に不安になるのは無理もないことです。では、たくさんある風俗店の中から、待遇が良くて嘘の掲載をしていないお店を選ぶにはどうしたらいいのか。

今回は高収入を謳う風俗の男性求人を例にとって、求人広告の掲載内容を見極めるコツを伝授したいと思います。

求人に嘘がない大手風俗
シンデレラFCグループの求人はコチラ↓

求人に嘘がない大手風俗シンデレラFCグループの求人

風俗男性求人広告の罠とは?

風俗業界の求人広告が嘘くさいのは、風俗店の実態が「玉石混交」だからだと言えます。健全なお店も悪徳店も同じ文句を謳っているのです。

例えば下記の求人広告を見てみてください。

年収1000万円が短期間で実現可!
月収30万円スタートです!
社会保険完備・週休二日制!
大手風俗グループだから安心です!


どの風俗店の求人広告にも大体こんなキャッチコピーが並んでいると思います。しかし、この文面を見ただけでは正直なお店か嘘つきなお店か判別がつきません。これは一体どういうことなのでしょうか。

それは、上に挙げた条件がすべて「嘘」なのではないからです。問題なのはそれらの求人広告の中に多分に「罠」が混じっているケースがあるという点です。つまり、真っ赤な嘘ではないにせよ、灰色な嘘が多いのです。

求人広告を見ると、風俗店の従業員になれば誰でも年収1000万円を実現できるような気がしますよね。実際、風俗店の男性スタッフには年収1000万円プレイヤーが数多くいます。しかし、誰もが年収1000万円プレイヤーになれるわけではありません。

少し冷静になって考えてみれば分かります。

上記の条件が全て「額面通り」なら、風俗業界はチャンスだらけのブルーオーシャンですよね。事実そうなのですが、風俗業界は「完全実力社会」。その恩恵に預かれるのは本当にやる気と実力があるスタッフだけです。

逆に言えば、やる気さえあれば学歴や年齢、経験や資格の有無は全く関係なく高収をゲットして下剋上を目指せるのが風俗業界。人材不足が慢性化し、出世競争のライバルが少ない風俗業界は、ある意味、本当にチャンスだらけなのです。

風俗男性求広告の嘘の実例

風俗男性求広告の嘘の実例

風俗の男性求人広告には「罠」が多いと書きましたが、その具体例をもう少し詳しく説明します。念のため繰り返しますが、全ての風俗店がそうではありません。あくまでも、中にはそうした悪質なお店もあるということです。

例1:「月収30万円スタート!」

求人広告にこう書かれていた場合、それが「固定給」なのか「歩合給」なのかを見極める必要があります。

固定給とは、一時間や一ヶ月や一年など、定められた時間や期間の単位で、決まった給与を支払う制度。これには残業代の一部や家族手当といったものも含まれます。

一方、歩合給とは売上など仕事の成績に応じて変動する、給与の支払い制度です。当然、成果を出せば出した分だけ給料はアップします。
風俗業界ではこの「固定給」と「歩合給」の両方を取り入れているお店がほとんどです。仕事を頑張って実績を出せば、基本給にインセンティブ(歩合)がプラスされます。実力があればスピード昇給できるのはそういうことなのです。

求人広告に「月収30万円スタート」と掲載されていても、それが額面通りの数字ではないケースもあります。例えば、基本給が20万円で、残り10万円は各種の歩合給や「大入り手当」などを含めた数字なのかも知れません。
また、その給料が「額面」なのか「手取り」なのかも確認しておく必要があります。

額面通りとは、基本給に残業代や交通費などを足して総計した金額。手取りとは「額面」の金額から控除額を差し引かれた給与金額です。控除額は社会保険料や寮費など様々ですが、中には不透明な金額(罰則金や源泉所得税など)もあったりするので要注意です。

例2:「社会保険完備・週休二日制!」

社会保険労務士など専門家チームの協力のもとに、関東近郊の風俗店を対象に行った調査によれば、実に92%もの店舗は社会保険に未加入だったとか。

つまり、きちんと社会保険に加入している風俗店は(関東近郊に限って言えば)8%に過ぎないというお粗末な結果。

例え、求人広告に「社会保険完備」と謳っていても、その実態は「社会保険は幹部に昇格してから」「入社2年目から」といったお店もあります。入社して試用期間終了後までに社会保険にすみやかに入れるお店はごくわずかだったりします。

これは「週休二日制」に対しても当てはまります。求人広告には週休二日と書いてあったにもかかわらず、何かと理由をつけては休日出勤させられたり「週休二日は役職がついてから」といった説明をされたりする悪質なケースもあるようです。

例3:「大手風俗グループだから安心です!」

「大手」と聞くと安心感がありますが、ちょっと待ってください。大手とひと口に言ってもピンからキリまで存在します。

例えば、運営している店舗が3、4店舗しかないのに、どういうわけか「大手グループ」を名乗る無名の風俗店もあります。大手を名乗るからには、最低でも10店舗以上は展開しているかどうかを確認しておくことが必要です。

また、女の子の出勤人数が毎日一桁しかないにもかかわらず大手グループを騙る零細風俗グループもあったりします。悪質なお店になると、ネットでモデルなどの画像を拾ってきて女の子の在籍写真に使うことも。怪しい画像はGoogle画像検索でチェックしましょう。
風俗の男性求人広告では、こういった情報操作は少なくありません。広告に書かれていたからといって鵜呑みにしないようにくれぐれも気をつけてください。

優良風俗グループを見分ける方法

優良風俗グループを見分ける方法

風俗の男性求人広告における情報操作にはこんな例もあります。

■求人サイトのTOPページに大きな広告バナーを出稿している
■たくさんの求人サイトに求人広告を出している


有名な求人サイトに広告を出稿していると、何となく「経営基盤がしっかりしたグループだな」「信頼性のあるお店だな」と思いますよね。しかし、高額な求人掲載(バナー)枠をおさえて、スタッフ求人に多額の資金をかけているからといって安心できません。

例えば、社員の離職率が高く、人手が足りないために急いで採用する必要があり、風俗の男性求人サイトに過剰な投資をしているケースも考えられます。


これらの似非「優良風俗グループ」を見分ける方法はあるのでしょうか。実は簡単な方法があります。それは、大手風俗ポータルサイトの「お店総合ランキング」をチェックしてみることです。

お店総合ランキングを頻繁にチェックしていると、順位の入れ替わりは多少あるにせよ、トップ20ぐらいまではいつも同じお店がランクインしているのに気付くはずです。

ランキングはユーザーからのアクセス数によって決まります。ランク上位のお店は圏外のお店よりお客さんの母数が多く、それだけ売上も多いと考えられます。つまり、経営基盤がしっかりした、信頼できるお店と判断していいでしょう。

また、こうしたお店は「お店総合ランキング」以外にも「アクセスランキング」「女の子ランキング」でも上位を占めているものです。色々なランキングを比べてみて、本当に信頼できるお店かどうかを確かめてみてください。

もう一つ、優良店かどうかをチェックする方法があります。その風俗店の公式男性求人サイトを覗いてみればいいのです。

風俗店にとって公式男性求人サイトはお店の「顔」。その作りが雑だったり、更新していなかったりする風俗店は、運営もいい加減だったりします。また、サイトの画像がフリー画像ばかりのお店も怪しいので要注意です。


参考記事:「嘘」ではないけど「裏」がある風俗業界男性求人の見破り方

嘘を見抜く力を持つことが大事

嘘を見抜く力を持つことが大事

求人広告の嘘や罠については、他にも「寮完備」などの謳い文句にも注意が必要です。マンション寮があると聞いていたのに、入寮を希望しても「今は空きがないからダメ」と言われるケースもあるので気をつけてください。

男性スタッフが風俗店で働いて高収入を得るには、求人広告の情報をじっくり吟味する必要があります。また、大手を謳っていても、本当に信頼できる風俗グループかをよく確かめなくてはなりません。

結局最後に決めるのは自分。風俗業界で働きたいと思っている方は、そこをきちんと理解しておくようにしましょう。

バイトからでも入れる風俗受付求人

シンデレラFCグループ求人サイトはコチラ↓

高収入風俗求人 男性スタッフ募集中!!


オススメ求人

高収入男女スタッフ求人

上に戻る