フランチャイズでデリヘルや風俗を起業・開業する方法

デリヘルの開業には最適な方法がある

デリヘルを開業し、経営したい…
人間の強い欲望のひとつ「性欲」の解消をサービスとした風俗産業は、いつの時代も大きなマーケットとして君臨しています。

そんな中でも参入ハードルの低いデリヘル業界は、日々多くの野心家が成功を目指すフィールドとして知られています。
実際に、アイデアと努力でオープン間もないデリヘルが成功していたり、少しでも努力を怠ると淘汰されてしまったりと、日々新しいデリヘルが生まれては消えていきます。
そして、開業したはいいが、アイデアはいいのに経営力が足りなかったり、戦略はあるのに人材や資金などのリソースが確保できなかったりなど、個人ゆえに脱落していく人もいます。

しかし、大手グループには開業を支援するフランチャイズ制度を設けているところもあります。
中には、資金さえも支援してくれるグループもあります。
もちろん、フランチャイズに入ってもらったり、アイデアを共有したりと、大手グループサイドにとってもメリットがあるのは当たり前ですが、必要書類やノウハウ、人的な支援などで開業できない野心家にとってはとてもありがたい制度だと思います。
一度や二度、失敗したことがある人のリベンジとして利用するのいいでしょう。
失敗した理由が分かるかも知れません。

大手グループのフランチャイズで結果を出してから、本当の独立、開業をしたって遅くはないですし、ノウハウや人脈だって広がるわけですから。
夢があって早く駆けあがりたい気持ちは分かりますが、リスクを回避しながら、地に足をつけて一歩一歩経営者への道を歩んで行ってみてもいいのかも知れません。

目次
デリヘル開業に必要な資金
デリヘル開業にオススメの独立支援フランチャイズ制度
フランチャイズでデリヘルを開業したオーナーの生の声
フランチャイズでデリヘルを開業したオーナーにインタビュー
開業とは
デリヘル開業に関するつぶやき
デリヘル開業の関連動画
オススメの関連書籍


シンデレラFCグループのデリヘル風俗開業支援フランチャイズ制度はコチラ↓

デリヘル開業支援

デリヘル開業に必要な資金

デリヘル開業には、それなりの資金が必要です。
少なくみても、開業だけで300万円ほどは必要だと思います。
内訳としては、デリヘルを営業する物件の確保、車やその他の備品の購入、ウェブサイトの制作費、広告費などでしょう。
しかし、やはり成功しているデリヘルは、お店作りにしっかりとお金をかけて賢くやっています。

事務所を置く物件以外にも、コンパニオンが待機する待機所もあると良いです。
ネットカフェなどでの待機にするとその理由だけで辞める人もいますし、デリヘルで働いた経験のある女性は待機室があるかどうかを気にする人がたくさんいます。
待機室を持っているということは、求人の際の訴求にもなります。

また、ウェブサイトの制作は、依頼する会社選びがとても重要です。
ウェブサイトはとても重要なのですが、デリヘルを開業する人の多くが「必要な情報が確認できればそれでいい」と考えでいます。
とんでもありません。
ウェブサイト閲覧者へのエロ訴求や、予約や来店を導く為のユーザーインタフェースの設計はとても大切です。
しっかりとSEOを施されたウェブサイトなら、それだけでかなりの営業力です。
下手な風俗メディアに毎月高い広告費をかけるよりも、SEOに注力した方が何倍も売り上げに繋がります。
制作も集客も高いレベルでやってくれる優れたウェブ制作会社を選ぶことは大変重要で、適当に安い会社に外注してはいけません。

広告戦略も上手に行わなければ、お金の無駄になってしまいます。
有名なところに片っ端から出稿するのではなく、優れたメディアに絞り、より訴求力の高い広告を掲載しましょう。
出稿するバナーもハイクオリティで訴求力の強いものを用意する為に、優れたデザイナーが必要です。

上記のことを考えると、やはり自信と努力とアイデアだけでは、いきなり開業するのは厳しいことなのです。
実際にデリヘル業界で働いて「どんなお店に女の子が集まるのか」「成功しているお店はどのように集客しているのか」など、自分の中にノウハウを蓄積し、信頼に足る仲間や業者などの人脈形成もどうしても必要になってきます。

もちろん、裸一貫でデリヘルを開業し成功する人もいるでしょうが、一握りであり、運によるところも大きいです。
デリヘルユーザーの目は結構シビアで「ダメなお店」の烙印を押されると、そこから持ち直すのはかなりしんどいです。
スタッフドライバー、コンパニオンに、最初からちゃんと安定したお給料を払ってあげたいはずです。

ならば、アイデアや根性や必要資金だけじゃなく、人脈や知識を充分に備えた上で勝負するというのも賢いやり方なのではないでしょうか。

デリヘル開業にオススメの独立支援フランチャイズ制度

堅実かつ確実なデリヘル開業に向けて、地に足のついたステップアップができる方法をご紹介します。
それは大手グループの何社かが制度として設けている、独立支援フランチャイズ制度を利用するという方法です。
中でも、関東で最大級のデリヘル&ホテヘルグループであるシンデレラFCグループのフランチャイズ制度を推奨します。

ノウハウがバッチリ得られる

まずは一連のスタッフ業務をこなしながら、デリヘル運営のノウハウを身を持って学んでいきます。
デリヘルの業務の回し方、様々な集客&宣伝方法、求人のノウハウなど、広くて深い知識と経験を蓄積することができます。
また、フランチャイズ制度希望者は店長候補という扱いになり、他のスタッフより優先的に管理職につきやすくなります。

人脈が得られる

大手デリヘルグループの管理職ともなれば、本部スタッフや風俗メディアの関係者と顔を合わせる機会も増え、人脈が形成されていきます。
人脈はデリヘルを開業する上で無くてはならない重要なパイプです。

開業準備金を用意してもらえる

デリヘルを開業する上で、大きな壁として立ちはだかるのが開業準備金です。
車や物件、備品などの購入に加え、公式サイトや広告費…etc
最高のスタートを切る為にはそれなりの資金が必要です。
そんな開業準備金を用意してくれるのも、大手のフランチャイズ制度の恩恵です。

シンデレラFCグループの独立支援制度詳細はコチラ

フランチャイズでデリヘルを開業したオーナーの生の声

フランチャイズでデリヘルを開業したオーナー

私の夢はデリヘルを開業してオーナーになる事です。
今はまだ夢の途中で、大手グループのフランチャイズとしてデリヘルを開業させたところです。
フランチャイズですから、真の開業とは言えません。
しかし、大手の守られながらでも開業の経験はさせてもらいましたし、真の独立・開業に向けての資金や人脈、ノウハウや戦略は準備できつつあります。

今回は、フランチャイズではあるものの、私がどの様にしてデリヘルを開業させたかをお話したいと思います。
まず私は、普通に運営スタッフとしてデリヘル店に入社しました。
その頃から、自分でデリヘルを開業するビジョンは持っていました。
どんな仕事も自らの血肉にするつもりで真剣に取り組みました。
やがて、教育や管理、採用に関わる業務を与えて頂ける様になりました。
そうしている中で、主任、そして店長とステップアップしていきました。
ある時、グループのトップと話をする機会が与えられました。
私はチャンスだと思い、新しいデリヘル店を開業したい思いをぶつけました。
もちろん、アイデアや戦略もです。
それからしばらくして、フランチャイズでデリヘルを開業しないか?というお話を頂きました。
そうして今に至ります。

私の夢であるデリヘル開業に向けて、着実に前に進んでいる実感があります。
これからも成長や変化を止めず、全てのチャンスに全力でYESと言える準備をしていきたいと思います。

フランチャイズでデリヘルを開業したオーナーにインタビュー

デリヘルを開業したオーナーにインタビューする人
フランチャイズオーナーになったきっかけはなんですか?
デリヘルを開業したオーナー
もともとデリヘルを開業するというビジョンを持っていました。
その為には実際にデリヘルの店員になってみて、ノウハウを身につける必要性を感じていました。
そうこうしているうちに店長になり、フランチャイズで開業するというチャンスに恵まれました。
本当の目的は独立して開業することですから、まだまだ夢の途中です。
デリヘルを開業したオーナーにインタビューする人
フランチャイズオーナーのやりがいを教えて下さい。
デリヘルを開業したオーナー
グループに守られながらではあるのですが、やはり実際に経営者として立っていることですね。
お客様の為に、従業員やキャストに、ベストな意思決定を下していきます。
デリヘルを開業したオーナーにインタビューする人
フランチャイズオーナーの苦労などあれば教えて下さい。
デリヘルを開業したオーナー
あまり大きな声ではいませんが、開業したと言っても所詮は雇われのオーナーです。
売り上げが全て利益になる訳ではありませんし、アイディアも共有しなければいけません。
デリヘルを開業したオーナーにインタビューする人
フランチャイズオーナーはどんな人が向いていると思いますか?
デリヘルを開業したオーナー
自分の意思決定が、お客様、そして従業員やキャストに影響します。
そう言った責任のある社長業を楽しいと思える人は向いてると思います。

開業とは

開業とは、企業などをイチから起こす事を指します。
起業なんて言い方をされたり、独立とセットで独立開業なんて表現をされることも多いです。
その場合、何かしらの組織に属していた人が同じ分野で自分の会社を開業するケースになります。

開業はハイリターンだけどハイリスク

開業は成功させることができればリターンは大きいです。
市場原理主義的な表現をさせてもらうと「搾取する側」に回れるからです。
開業する前は、与えられた畑仕事をこなしてさえいれば毎月安定した固定給がもらえました。
しかし、開業して経営者となれば、畑を豊かにするのも枯れさせるのも、また拡大するのも縮小するのも全ては自分の懐に影響してきます。
収穫の多寡に関わらず小作人には決まった給料を払わなければいけません。
開業は成功させればハイリターンが、失敗すればハイリスクが待っているのです。

開業自体は簡単

現代日本のシステムでは、会社を開業すること自体は簡単です。
特に大きな資本金も必要ありません。
順序を踏んで国に届け出をすれば開業ができ、社長になることができます。

しかし、問題は継続させられるかどうかです。
あるデータによると、開業しても大半の会社は10年以内に無くなると言われています。
どんな分野でも、10年以上生き残るということ自体とても難しいことなのです。

デリヘル開業に関するつぶやき

大手のデリヘルなんかでは積極的にフランチャイズオーナーを募っています。
開業したい個人と、事業を拡大したい企業の融合です。 デリヘルの開業を支援するコンサルタントもたくさんいます。 デリヘルの開業は誰でもできるという点が魅力的ですね。 デリヘルの開業には、本当に夢が詰まっているんです。

デリヘル開業の関連動画

初心者でもできる!性風俗(デリヘル)開業ノウハウ集!

身を持ったノウハウ習得、人脈、開業資金…
開業のハードルが高いと思われがちなデリヘルですが、初心者にもできる!デリヘル開業の為の教育商材あったんですね。

デリヘル開業1dayセミナーCM

デリヘル開業1dayセミナーのCM動画です。
コンサルタントから風俗嬢、元査察官から成功している大手グループのオーナーまで、講師陣がとても豪華ですね。
デリヘル開業に向けて、強く背中を押してくれることでしょう。

デリヘル開業届について

行政書士事務所による、デリヘルの開業届けに関する説明の動画です。
プロの説明はやはり安心感がありますね。
デリヘルの開業に向けてとても大切なことですから、じっくり見ておきましょう。

オススメの関連書籍

デリヘルの開業および、経営に役立つオススメの関連書籍をご紹介いたします。

風俗開業経営マニュアル 著:高木瑞穗

デリヘル開業関連書籍「風俗開業経営マニュアル」

手続きや開業資金、収支のことなど風俗ビジネスのキモが書かれた本です。
デリヘル以外の幅広い業種に対応できる、経営ノウハウです。

誰も教えてくれない「風俗」商売の始め方・儲け方 著:立川文人

デリヘル開業関連書籍「誰も教えてくれない「風俗」商売の始め方・儲け方」

開業ノウハウから店舗運営、商売繁盛のコツまでかかれた良書です。

ノーモアトラブル!風俗店経営 著:小西一郎

デリヘル開業関連書籍「ノーモアトラブル!風俗店経営」

風俗に詳しい弁護士が解説する、お上にもお客さんにも愛されるデリヘルであり続ける為の本です。
今も一般的にクリーンなイメージがなかなか持たれない風俗業界だからこそ、こういた本はとても貴重です。
開業のこともそうですが、ちゃんと長くデリヘルを運営していく上でも大切な本ですね。

No.1風俗店長が極めた 女性にキモチよく働いてもらうマネジメント術 著:モリコウスケ

デリヘル開業関連書籍「No.1風俗店長が極めた 女性にキモチよく働いてもらうマネジメント術」

開業~経営まで、深く関わるキャストの求人やマネジメント。
デリヘルの売上の生命線と言っても過言ではない、キャストマネジメントに関して深く掘り下げられた本です。
「女性」というものを深く知る事ができる素晴らしい本です。

↑ PAGE TOP