風俗男性求人

週休2日で8時間勤務の風俗男性求人

今どきの風俗店は週休2日で8時間勤務が標準

風俗のスタッフって、給料が良いのは分かるけど「休日や勤務時間はどうなってるの?」「かなりハードワークなんじゃないの?」って思ってる人が少なくないと思います。

しかし、最近ではそんなことありません。

週休2日や1日約8時間勤務、残業を入れても1日10時間前後の労働といった働き方改革に取り組み風俗店も増えてきました。

さらに夏季休暇や冬季休暇があるところもあります。

風俗やデリヘルでも大手のグループなどは、近年の労働に関する価値観の多様化に合わせてきています。

時代に敏感な近頃の風俗店は休日や仕事以外の時間を大切にするのがトレンドなのも理解しています。

「ワークライフバランスだぁ?」「ゆとり世代なんか要らん!」なんて言っていては時代遅れです。

昔のスタイルを時代とともに変化していかないと、優秀な人材に関心を持ってもらえませんし、企業も生き残れないのです。

自分の時間が確保できて、しかも高収入だなんて、風俗って実はすごいオイシイ仕事だと思いませんか?

週休2日のオススメ風俗求人はコチラ↓
関東最大級のシンデレラFCグループ

週休2日で8時間勤務の風俗スタッフ求人!!

やっぱり週休2日じゃなきゃ

週休2日はやっぱり大切です。

休みと言えども、一人暮らしをしている人は色々と忙しいものです。

掃除や洗濯、散髪や日用品の買い出しなど、仕事以外にも自分の事でやらなければいけない事がいっぱいあるのです。

場合によっては、それで一日が潰れてしまうことがあります。

しかし、週休2日であればあと1日は完全にフリーです。

趣味を楽しんだり、恋人や友人と遊んだり、好きな勉強をしたりなど、1日中好きなことができる日がやっぱり必要です。

週休2日なら、それが可能なのです。

ワークライフバランスを考える

ワークライフバランスを考える

ブラック企業が名指しで叩かれたり、ワークライフバランスと言う言葉が広く認知される様になり、週休2日は今や当たり前の時代になりました。

どれだけコストをかけずに生産性の高さを維持するかは、会社が生き残る為の重要課題ですが、その生産性に対する考え方が変わってきています。

少ない給料でたくさん働かせる会社より、ゆとりのある労働環境の方が生産性が高まるという考え方です。

前者、いわゆるブラック企業は人が定着せず辞めていきます。

生産性の高い仕事ができるベテランがいない状態ですから、一人一人のスキルは低いです。

一方、後者の優良企業は、確かに従業員ひとりひとりの仕事に取り組む時間は短いですが、在籍年数も長く、それぞれが卓越していきます。

そして、プライベートも充実しますから、仕事をもっと頑張ろうという気持ちにさせます。

この様に、現代の企業はスタッフのワークライフバランスを考えることが、自社の生産性を高めることに繋がると考える所が増えてきています。

ですから、週休2日は当たり前なのです。

一般的にはキツいイメージのあるデリヘルや風俗の業界でさえ、週休2日のところは増えています。

オススメの「週休2日」関連書籍

親と子の週末48時間「小学校週休2日・総合学習」時代の自然遊びマニュアル 著:九里 徳泰

親と子の週末48時間「小学校週休2日・総合学習」時代の自然遊びマニュアル

子供を持つ親向けに、濃密で有意義な週休2日の過ごし方について書かれた良書です。



シンデレラFCグループ求人サイトはコチラ↓

高収入風俗男性求人 男性スタッフ募集中!!


オススメ求人

高収入男女スタッフ求人


上に戻る