風俗スタッフの勤務時間

風俗スタッフの勤務時間

風俗店のスタッフに対して「給料は良いけど、長い勤務時間を強いられる」というイメージを抱いている人が少なくありません。
確かに風俗は超巨大産業であり、数え切れないほどの企業が競争を繰り広げていますから、勤務時間の長い、いわゆるブラック企業が無いとは言い切れません。
中小・零細の風俗店では、人的リソースあるいは資金の問題を抱え、長い勤務時間を避けられないお店も無くはないでしょう。

しかし、長い勤務時間の問題は他の産業だって同じです。
介護や飲食、広告や運送などなど、長い勤務時間が悲しい事件を招いているというニュースが耳に入ってきます。
それに比べたら、休日や勤務時間の面でも、もっと言えば給料面でも風俗業界はずいぶんホワイトだと思います。

風俗業界も慢性的な人手不足を解消する事ができず、多くのお店がスタッフ求人を至上命題としています。
だからこそ、特に大手の風俗グループでは、店舗運営のシステム改善に余念がありません。
業務の削減や効率化、人材への還元、スタッフの勤務時間管理、モチベーション維持…etc
最低限の勤務時間で店舗を運営する仕組みづくりや、限りなく離職率を減らす努力に取り組んでいます。
優良な風俗店では、週休は2日あり9時間拘束の8時間勤務でちゃんと上がれるお店も多いです。

【PR】関東最大級の風俗シンデレラFCグループは完全週休2日の9時間勤務

関東最大級の風俗シンデレラFCグループは完全週休2日の9時間勤務

目次
9時間勤務の風俗店で働くスタッフの生の声
勤務時間に関するオススメページ


9時間勤務の風俗店で働くスタッフの生の声

9時間勤務の風俗店で働くスタッフ

私は風俗のスタッフになる前は飲食業界で働いていました。
辞めた理由はズバリ長時間労働に加え休日が無かった事です。
劣悪な労働環境に思考停止してしまって、4年も働いてしまいました。
ある日、心身が限界に達し、仕事に行けなくなってしまったのはかえって良かったと思っています。
幸運な事に、しばらく自然な豊かな場所にいたことで、再び社会に復帰する元気を取り戻せました。

その時、見つけたのが大手風俗グループの店舗運営スタッフの求人です。
完全週休2日9時間勤務なのに、初任給からいきなり高収入だったので、すぐにエントリーしました。
入社しても本当にホワイト企業で、ここに入社して本当に良かったと思いました。
勤務時間が終わってもちゃんと自由時間があるし、週休も2日あるので、自分の勉強の時間にしています。
接客やキャスト管理などコミュニケーションスキルが問われる仕事は割と得意なのですが、WEB媒体を使ったプロモーションや写真や動画のコンテンツ制作の面でぜんぜん力になれてないからです。
関連書籍を読んだり、ワークショップに行ったりして、風俗運営スタッフとして全ての業務をこなせるレベルになることが当面の目標です。

いま、ビジネスマンとして、いや人間として本当に充実した生活を送れています。
やはり、長い勤務時間や無休は人間らしさを失ってしまうのだなぁと感じています。

勤務時間に関するオススメページ

勤務時間や休日に関する主な制度【厚生労働省】

↑ ページ上部へ