風俗男性求人

風俗男性スタッフとして知っておくべきパネマジの功罪

風俗男性スタッフとして知っておくべき
パネマジの功罪

パネルマジック

風俗のスタッフになって高収入を得たいと考えている男性なら、パネルマジック=通称「パネマジ」という言葉を一度は耳にしたことがあると思います。

もしかしたら、あなたもかつてお客として風俗を利用してパネマジで痛い目に遭った経験があるのではないでしょうか?

そう、パネマジとは本来、風俗のお客様側が使用する専門用語です。

しかし、風俗業界を目指すからにはスタッフにもパネマジの知識は必要不可欠。なぜなら、風俗業界はお客様に利用していただいてこその客商売ですから。お客様がお店や女の子に何を求めているのかを把握しておかなくては満足なサービスを提供できません。

そこで今回は風俗業界永遠のテーマとも言うべきこのパネマジについての定義やリスク、写真を加工する意義について解説してみたいと思います。

パネマジ=「写真加工」は誤解

まず大前提として、なぜ写真を加工するのかについてお話します。

パネマジ=「写真加工」と思っているとしたら、それは誤解です。

今の時代、在籍写真に手を加えていないお店は皆無と言っていいでしょう。仮に“無修正”を謳っていても、美肌にしたり、目立つキズやホクロ、シミなどは消したりして必要最小限の加工を施しているのが普通。

例えるなら、芸能人が“ノーメイク”としてSNSにアップしている顔写真が実は「すっぴん風メイク」であって、すっぴんそのものではないようなものです。

風俗が在籍女性の写真を加工するのには、こんな正当な理由があります。

キャストの身バレ防止のため

風俗勤めが知人にバレしまうことは、風俗嬢にとって致命的。多くの場合、女の子はお店を辞めざるを得なくなり、収入を経たれてしまうことになります。そうなるとお店の売上も減ってしまうことになるため、スタッフにとっても死活問題です。

在籍写真を修整・加工する目的のひとつは、このキャストの身バレを防ぐことにあります。

どんなに「目隠し」や「口隠し」でごまかしても、ホクロの位置などちょっとした特徴で本人特定されてしまうことがあります。

この場合、最低限の写真加工はむしろするべき。風俗スタッフなら、キャストを守るために積極的に行った方がいいでしょう。

キャストのプロモーションのため

繰り返しになりますが、今や写真の加工はどこも当たり前のことです。

風俗業界だけではなく、広告ポスターや芸能人のグラビアなど微調整を加えていない媒体はありません。

写真の加工には技術や経験が必要ですよね。それなのに、なぜ手間や人件費をかけてまで修正作業をするのか。

それは単純に言えば、その方が「売れる」からです。

例えば、レストランのショーウインドウにある食品サンプルやメニュー写真を想像してみてください。実物よりも見栄えがいいケースがほとんどですよね。それと同じことです。

どんなに可愛くても「写真映り」が悪かったりする女の子は存在します。その場合、消費者=お客様の目を惹きやすくするために写真加工を施すことになります。

肌が荒れている場合は肌のキメを滑らかにする、下着のサイズが微妙に合ってなかったりしてせっかくの美乳が目立たない場合は胸を少し盛る。あるいは、ポーズによってお腹の肉などが目立ってしまう場合はウエストを少し削る……etc.

そのようにして加工した方が、女の子はお客様からの指名が増えて稼げるようになります。

風俗嬢はお店にとって言わば“売り物”です。女の子が売れればスタッフの評価が上がりますし、お店が潤うメリットがあるのです。

パネマジについて参考にしたい記事

パネマジを見抜くには? 写真に騙されないで女の子を選ぶコツ

風俗のパネマジ(写真修正)はどこまで許される?

行き過ぎた修正が「パネマジ」につながる!

このように写真の加工自体は必要悪とも言えるものです。しかし、何事も行き過ぎは禁物。過度にMatt化加工を施された写真はパネマジと判断され、お客様から反感を買います。ひいてはクレームの原因にもなってしまうのです。

上述した「写真加工の目的」で言えば、二番目のケース。

お店側はキャストを売り出したいと思うあまり、写真修正をやり過ぎてしまいがちです。美容整形と同じで、いったん修正しだすと「あれも、これも」といじりたくなって別人みたいになてしまうケースがままあります。

しかし長い目で見ると、それはキャストやお店にマイナスでしかありません。

例えばあなたがお客様として風俗を利用して、写真とあまりにギャップがある女の子が出てきたらやっぱり腹が立ちますよね。

風俗の料金は決して安いものではありません。何カ月も貯金して遊びにくるお客様もいらっしゃるのです。それでハズレを引いたら、クレームをつけたくなるのも無理もないというところでしょう。

こうしたクレームはネット上ですぐに広まってしまうのが現代の怖いところです。最近の風俗業界では口コミサイトの人気が高まっており、多くのユーザーに信頼されていますから、悪評を流されるとお店のイメージダウンになってしまいます。

また、ツイッターなどSNSも無視できません。パネマジの噂を流されたらお店の売上に悪影響を及ぼすことでしょう。

風俗スタッフとして働くからには「お店」と「お客様」の双方が気持ちよくなれる環境を作るバランス感覚が求められます。ともすればお店の一時的な売上やキャストを優先してパネマジに走りがちですが、忘れてはならないのは常にお客様目線を心掛けること。

もしも自分がお店で遊ぶとして「このパネル写真を見て、実際にこの女の子が出てきたらどう感じるか」をイメージしてみましょう。

風俗嬢の中には、指名客が少ないのを写真のせいにして「もっと盛って欲しい(修正して欲しい)」と要求してくる子もいます。ですが、明らかにパネマジになると思ったときはあえて「あまりやり過ぎない方がいいよ」とアドバイスしてあげるのも風俗スタッフの務めです

風俗はサービス業であることを忘れず、お客様に寄り添った写真修正に気を配りましょう。

風俗スタッフにはモラルが求められる時代

パネマジにはもっと悪質な例もあります。写真を別人のように加工するのではなく、最初から別人の写真を無断使用するケースです。

この場合、大抵は下着広告などのモデルの顔から上をトリミングしたり、ボカシたりしたりした写真が使われます。また女性だけを切り抜き、別写真の背景と合成したりすることもあります。

これらのケースは著作権や肖像権の侵害にあたる可能性が高いと言えます。こうした悪質行為をしている風俗は違法店である可能性もあるため、もしも該当するようなら求人への応募は考え直した方がいいかも知れません。

こうした悪質なパネマジは、ネットの画像検索を利用することで類似写真を見抜ける場合があります。グーグルの画像検索機能がもっとも精度が高いでしょう。ただし、あまりにも加工されている場合は画像検索を使っても判定できないこともあります。

パネマジに対する風俗レタッチャーの意見

レタッチャー

大手風俗グループ『シンデレラグループ』の専属現役レタッチャーが、風俗業界にはびこるパネマジに関してこんな意見を仰っています。

「パネマジはどこまで許容範囲かいう話題がよく出ますが、とても難しい問題だと思っています。

普段何気に撮った写真でも、実際の印象と違っていたりすることはよくあるように、風俗の写真でも必要最低限の調整だけで『写真と全然違う』と感じられてしまう可能性は十分にありえることです。

そういう意味ではどこまでが許容範囲であるか明確な線引きはできません。

ただし別の女性との合成はアウトだと思います。合成がアリになってしまうと、際限なく色々なことができてしまうので。

長い目で見ればパネマジはお店にも女性にもデメリットしかないように思います。

SNSの普及もあり『写真を加工する』という行為自体が当たり前の時代になって、お客様の見る目も肥えてきていますから。

そうなると修正が強いだけでお問い合わせの数も減少する傾向にあるんです。

> だから最近では、よりナチュラルな修正を心掛けています。

もっと多くの風俗で、そのような流れになってくれたら良いなと個人的には思いますね。

写真と違ってごまかしの効かない『パーソナル動画』も普及しつつありますから、修正が強い女の子は見比べたら一発でバレちゃうと思いますよ(笑)。」

シンデレラFCグループ
WEBデザイナー&レタッチャーの求人はコチラ↓

風俗レタッチャー求人


シンデレラFCグループ求人サイトはコチラ↓

高収入風俗男性求人 男性スタッフ募集中!!


オススメ求人

高収入男女スタッフ求人


上に戻る