風俗業界には「35歳の壁」がありません!

風俗業界には
「35歳の壁」がありません!

35歳以上の転職希望者

本当にやりたい仕事や自分に適した仕事を若いうちに見つけられた人は幸せ者ですよね。
例えば「将来はプロ野球選手になりたい」と少年時代から夢を追いかけて、それを見事に実現できた人は、人生において「勝ち組」と呼ばれる存在でしょう。

しかし、残念ながらそんな幸運な人は少数派です。多くの人は社会に出てからも「自分は本当に子の仕事に向いているのか」「自分がやりたいと思っていた仕事は本当にこれなのか」と迷いが生じてしまい、転職を経験することになります。
昔の日本は一つの会社で定年まで勤め上げるのが美徳だと思われていましたが、終身雇用のうま味がなくなった現代ではむしろ転職しない人の方が珍しいのではないでしょうか。

転職することは決して悪いことではないのですが、問題点もあります。転職における最大の難題――そう、それはズバリ「年齢制限」です。

転職における「35歳の壁」問題とは

35歳の壁にぶちあたる男性

「35歳の壁」という言葉をご存じの方は多いと思います。
一般的に、35歳を過ぎると転職が困難になると言われています。それが「35歳の壁」です。求人広告を見ると、確かに年齢の条件に「35歳迄」などという記載をよく見かけますよね。一見、年齢差別のようにも思えますが、これには理由があるようです。

日本の会社は、長らく「終身雇用制」を採用してきました。終身雇用制はざっくり言えば「40歳くらいまでは安い賃金でコキ使われるけど、 40歳以上になるとむしろ割高な賃金が65歳まで保証される」というシステムです。
とは言え、40歳を過ぎればすべての社員が高給取りになれるわけではありません。そこにはが存在します。40歳手前で何らかの「役職」に就き、マネージメントの実績などを積んでおかないと容赦なくふるい落とされ、あとは飼い殺しされてしまうのが現状なのです。
つまり、35歳というのは、将来的に幹部候補になれるかどうかが見えてきて、周囲からシビアな判断が下される年齢です。ですから、転職したくても、よほど専門的な技能でもない限りは「見込みなし」とジャッジされて受け入れ先がないというはめになるわけです。

35歳過ぎても転職できる人の条件

ではマネージメントなどの実績がない人は35歳を過ぎたら転職が適わないのかと言えば、そんなことはありません。35歳を過ぎていても転職できる希望はあります。どんな人なら35歳を過ぎても転職できるのか、具体例を挙げてみましょう。

R35でも転職できるのはこんな人1【アンテナの感度が高い】

R35でも転職できるのはこんな人1
【アンテナの感度が高い】

ある程度の年齢になっても新しいことへの好奇心を失わず、知識を貪欲に吸収しようとする人は、35歳を過ぎても転職できる可能性があります。
例えば、新聞やニュース、ビジネス書などで仕事に関する情報を積極的に得たり、休日はセミナーなどに参加して自己啓発に励んだりできる人なら「今後の成長が期待できる」と年齢制限を問わず歓迎される傾向があるようです。

R35でも転職できるのはこんな人2【自らアイデアを発信する】

R35でも転職できるのはこんな人2
【自らアイデアを発信する】

社会人になって10年近くも経てば、仕事のコツを掴んで日々の業務を「ルーチンワーク」として惰性でこなすようになりがちです。
しかし、そこで仕事をダラダラと適当にこなしているようでは転職など望めません。常に豊富なアイデアを持ち、新しい提案や企画を発信できる人は、役職経験がなくても重宝されます。
反対に、新しい企画などに何かと理由をつけて反対するような柔軟性に欠ける人は敬遠されがちです。

R35でも転職できるのはこんな人3【主体的に仕事に取り組む】

R35でも転職できるのはこんな人3
【主体的に仕事に取り組む】

指示されたことを忠実に実行していれば許されるのはせいぜい20代前半まで。ある程度の年齢になったら、言われなくても自分で課題を見つけ出して、主体的に仕事に取り組めるようでなくてはなりません。
自分で考えて行動できる人は、どんな業界でも歓迎されます。例え大企業への転職は困難でも、受け入れてくれる会社は他にいくらでも見つかるでしょう。

風俗業界の転職なら「35歳の壁」なし

35歳の壁がない風俗業界

35歳以上になると転職のハードルが一気に上がるのは確かですが、「転職35歳限界説」は一種の都市伝説とも言えます。上述したように、年齢が高くても転職できるポテンシャルを備えている人は少なくないからです。

35歳を過ぎて「転職先が見つからない」と嘆いている人は、もしかしたら会社を選り好みしているだけなのかも知れません。固定観念を捨て、会社や業界にこだわらなければ、転職できる可能性は意外とあるものです。
その最たる例が「風俗業界」です。

風俗業界が積極的に年齢の高い人を採用するのには理由があります。風俗を利用するお客さんは、年齢の高いスタッフに対応してもらう方が安心感を得られる傾向があるからです。そんな背景もあって、風俗では35歳以上のスタッフが大活躍しています。40代や50代の男性スタッフも少なくありません。
ただ、言うまでもありませんが、風俗業界ならどんな人材でもOKなのではありません。しかし、少なくとも上述した3つのタイプにあてはまる方なら面接を突破できる確率はかなり高いと言えます。
なぜなら風俗店のスタッフには覚えるべきことがたくさんあります。お店の仕組みや在籍しているキャストの把握、自社メディアや広告の管理と運用、写真や動画の撮影、その他もろもろ。
即戦力となって昇給や昇格を狙うのであれば、色んなことを貪欲に覚えて身につけていかなくてはなりません。ゼロから学ぶ姿勢でなんでも勉強し、吸収できる柔軟性を備えた人なら風俗スタッフに向いています。

35歳以上でも転職できる大手風俗「シンデレラFCグループ」の求人はコチラ↓

35歳以上でも転職できる大手風俗「シンデレラFCグループ」の求人

風俗業界はこんな30代を欲しがっている

風俗業界には年齢にこだわらず、35歳過ぎでもウェルカムなお店が数多くあります。
ある風俗グループの求人担当者は、30代の「欲しい人材」としてこんな例を挙げています。

1:職人→営業→料理人→ホストなど経歴に一貫性がない方

多種多様な経験をして、さまざまな人と触れ合った経験が役に立ちます。

2:履歴書に2年以上の空白がある方

その2年間に感じたこと、考えたことが貴重な経験になります。

3:転職回数が4回以上ある方

4回の転職に成功できたのは、人柄やコミュニケーション能力に優れている証拠です。

4:昇給・昇格したことがない方

評価されなくても仕事を続けられた忍耐力、粘り強さは貴重なスキルです。

5:失敗の経験が10回以上ある方

失敗から学ぶことは多く、その回数が多い分だけ「人間力」は高まっています。

これらの条件を見てどう感じますか? 転職ばかり繰り返してプータローも経験し、ポジションもこれといった誇れるものがなく……そんな人材こそ採用したいなんて、一般企業とは真逆の発想ですよね。この多様性こそがまさに風俗業界の魅力そのものです。

高収入男性求人の媒体を見ると「風俗業界なら人生を一発逆転可能」「風俗業界は完全実力主義。前歴は一切関係なし」といったコピーが並んでいますが、それは決して嘘ではありません。「結果」を出せば年齢や中途入社のハンディなく高収入を目指せるのが風俗業界の素晴らしさだと言えるでしょう。

35歳の壁に関する様々なツイート

35歳以上で転職に失敗する人5選

メガネがトレードマークの転職コンサルタントが、転職に悩む35歳以上の方に贈るアドバイス。辛口ですが、なかなか参考になる動画です。

シンデレラFCグループ求人サイトはコチラ↓

高収入風俗求人 男性スタッフ募集中!!


オススメ求人

高収入男女スタッフ求人

上に戻る