風俗男性求人

風俗ライターという仕事

風俗ライター
という仕事

風俗業界で躍動する、ライターという職業

インターネット上のウェブサイトや情報誌などのメディアが盛んな風俗業界では、ライターの存在がとても重要です。

集客の分野では、女の子それぞれの魅力や各お店が展開しているコースやプレイ内容、オプションの詳細などを文章で伝える為のスキルが重宝されます。

また、風俗業界は求人がとても重要ですので、求人系のメディアも盛んです。

働くコンパニオンを多数抱える為に、色んな高待遇の施策を打っています。

それらをウェブや紙などのメディアで伝えるのもライターの役目です。

そして、風俗ライターには、文章力や表現力だけが求められる訳ではありません。

その記事を作る為の対象に取材をし、魅力的な部分を引き出す、インタビュースキルなんかも要求されてきます。

シンデレラFCグループ ライター求人はコチラ↓

風俗女性ライター大募集

ライターの仕事内容は様々

ライターとひとことで言っても仕事の内容は様々です。

ライターと言えば、取材から執筆までの全てを担当するのが最も一般的なイメージです。

しかし、情報社会になって久しい現代、キュレーター的なライターの需要も高まっています。

キュレーターとは、インターネット上にある情報を収集し、整理し、まとめる仕事です。

風俗業界でもこのキュレーター的ライターが活躍しています。

さらにライターは雇用形態も様々です。

正社員としてライター業をする人もいれば、フリーランスとして活躍するライターもいます。

現役風俗ライターたちの生の声

風俗ライター Oさん 36歳 男性

風俗ライター Oさん

私はフリーの風俗ライターとして、大手のアダルト情報サイトの記事を書いています。

風俗ユーザーが見る記事ですので、そのお店、その女の子の魅力を余す事なく伝えます。

私は風俗が大好きなんですが、取材として行く時は完全に仕事モード。プレイの最中もどの様に文章にアウトプットするかを考えています。

風俗ライターは大変な仕事ですが、やりがいはあります。

風俗ライター Yさん 27歳 女性

風俗ライター Yさん

大手風俗グループの専属ライターとして働いています。

私は風俗キャストの経験を活かして、求人サイトのコンテンツを執筆しています。

グループ系列店の女の子に取材に行ったり、動画や画像を撮影したり、文章を書いたりしてウェブコンテンツを作成しています。

風俗に興味があったり、働こうか迷っている女の子の背中を押せる記事が書ける様に心がけています。

現役風俗ライターにインタビュー

風俗ライターにインタビューする人
風俗ライターになったきっかけはなんですか?
風俗ライター
もともと文章を書くのが好きでライターの仕事をずっとしていたのですが、収入の面でよりステップアップしたいと思って風俗ライターになりました。
風俗ライターにインタビューする人
風俗ライターのやりがいを教えて下さい。
風俗ライター
私がライティングした記事を見てお客さんが来てくれたり、求人に応募してもらった時はやりがいを感じますね。
風俗ライターにインタビューする人
風俗ライターはどんな人が向いていると思いますか?
風俗ライター
文章書いたり写真撮ったり、コンテンツ作るのが好きな人はもちろんですが、何かひとつのテーマに対して興味を持って情報を収集できる人はライターに向いてると思います。
風俗ライターにインタビューする人
風俗ライターとして心がけていることはありますか?
風俗ライター
取材対象の本当の魅力を掘り下げる点には特に心がけています。
風俗ライターにインタビューする人
将来の夢はありますか?
風俗ライター
今はフリーライターとして色んなメディアに寄稿していますが、いずれは影響力のあるメディアを作って運営していきたいと思っています。

風俗ライターの給料

風俗ライターの給料ですが、まず雇用形態によって違うので一概には言えませんね。

案件や原稿ごとだったり、1文字いくらだったり…

ただ、風俗業界は安定した超巨大産業なので、他の分野のライターに比べて報酬が高いことは間違いありません。

風俗ライターとして特に高収入なのは、シンデレラFCグループの専属ライターです。

会社に勤務する専属ライターとして、月給24万円からのスタートです。

しかも、風俗業界やライターの実務経験は問われません。

これだけの給料をもらいながらライターとして成長できる、とてもオイシイ求人です。

ライターに必要なスキル

世の中には、ライターという職業の人が様々な分野で活躍しています。

ライターとは、その言葉通り「書く者」ということですから、本当に多岐に渡ります。

脚本を書く人ならシナリオライター、曲を書く人ならソングライター、キャッチコピーを書く人はコピーライターですね。

その分野を冠するライターもいます。

音楽ライターや風俗ライターがそれにあたりますね。

ライターという職業には様々なスキルが要求されます。

まずは、当然のことながら書く力、文章力ですね。

正しい言語の使い方はもちろんのこと、個性的であったり、あえて型破りなライティングで読者をアッと驚かせる技術も問われてきます。

文章力において特に必要とされるのが、次の3つでしょう。

構成力

ストーリーの流れを理解して、的確な文章を組み立てられる能力。

ウェブの記事は(紙媒体と違って)流し読みされることが多いので、内容がわかりにくいとすぐに離脱されてしまいます。

まずは冒頭で読者のハートをがっちり掴み、「結論」→「理由」の流れで要点を押さえた文章を書ける構成力が必要です。

理解力

記事を発注者の指示内容を適切に読み取れる能力です。

ライターは作家ではないので、自分の好き勝手な文章を書けばいいのではありません。当然、記事を発注した相手(編集者など)の意図に沿った記事を書く必要があります。そのためにも理解力は不可欠なスキルだと言えます。

リサーチ力

近年、ウェブサイトではユーザー(読者)の役に立つ「価値の高い記事」が求められています。

そうした記事を書くには、ユーザーの「検索意図」を把握する能力が必要です。ユーザーがどんな内容を欲しているかを掴むスキルがなくては、読者に届くメッセージをコンテンツとして発信することはできません。

また、ウェブで記事を書くのならSEO(検索エンジン最適化)のスキルも欠かせないでしょう。Googleの検索エンジンに記事の内容を的確に理解してもらえる見出しの付け方や文章の書き方を身につける必要があります。

その他にも、仕事内容にもよりますが、ライターに欠かせないスキルとして「取材力」も挙げられます。

記事ネタとなる対象をどれだけ掘り下げ面白さを引き出すかは、優れたライターの腕の見せ所です。

対象が人物である場合もありますので、コミュニケーション能力も重宝されます。

そんなわけで、ライターという職業はとても奥が深いのです。

関連記事



シンデレラFCグループ求人サイトはコチラ↓

高収入風俗男性求人 男性スタッフ募集中!!


オススメ求人

高収入男女スタッフ求人


上に戻る