風俗男性求人

風俗ライターという仕事

風俗ライター
という仕事

風俗業界で躍動する、ライターという職業

インターネット上のウェブサイトや情報誌などのメディアが盛んな風俗業界では、ライターの存在がとても重要です。

集客の分野では、女の子それぞれの魅力やお店が展開しているコースやプレイ内容、オプションの詳細などを文章で伝える為のスキルが重宝されます。

また、風俗業界は求人がとても重要ですので、求人系のメディアも盛んです。

働くコンパニオンを多数抱える為に、色んな高待遇の施策を打っています。

それらをウェブや紙などのメディアで伝えるのもライターの役目です。

そして、風俗業界のライターには文章力や表現力だけが求められる訳ではありません。

記事を作る為、キャストの女の子に取材をして魅力的な部分を引き出す――そんなインタビュースキルなども要求されてきます。

シンデレラFCグループ ライター求人はコチラ↓

風俗女性ライター大募集

ライターの仕事内容は様々

ライターの仕事内容は様々です。

ライターと言えば、取材から執筆までの全てを担当するのが最も一般的なイメージでしょう。

しかし、情報が氾濫する昨今、ライターにはキュレーターとしての需要も高まりつつあります。

キュレーターというのは、インターネット上ある情報を収集し、整理してまとめる(=キュレーション)仕事のことです。

また、ライターは仕事の内容だけでなく、雇用形態も様々。正社員としてライター業をする人もいれば、フリーランスとして活躍するライターもいます。

現役風俗ライターたちの生の声

風俗ライター Oさん 36歳 男性

風俗ライター Oさん

私はフリーのライターとして、大手の風俗情報サイトにコラムを書いています。

読者の大半は風俗ユーザーなので、そのお店を利用したくなるサービスや女の子の魅力を余すことなく伝えなくてはなりません。

実際に風俗店に出向いて取材することもあります。インタビューはもちろんですが、体験取材のときも完全に仕事モード。プレイ中も、どんな風に文章としてアウトプットするかを考えています。私自身、風俗は大好きなんですが、最近はプライベートで利用しても純粋に遊びとして楽しめなくなってきたのが悩みのタネですね(笑)。

まあ、そんな苦労(?)もありますが、風俗ライターはとてもやりがいがあるお仕事です。

風俗ライター Yさん 27歳 女性

風俗ライター Yさん

大手風俗グループの専属ライターとして働いています。

主なお仕事は、風俗キャスト時代の経験を活かして、求人サイトのコンテンツを執筆することです。

グループ系列店の女の子をインタビューしたり、動画や写真を撮影したりして、日々ウェブコンテンツを作成しています。

求人サイトはユーザーの反応がわかりやすいところに手応えを感じています。面接にきた女の子が「Yさんの記事を読んで、このお店に応募しました」なんて言っているのを聞くと、ライターをやっていて本当によかったと思いますね。

これからも、風俗に興味があったり、働こうか迷ったりしている女の子の背中を押せる記事が書ける様に頑張ります!

現役風俗ライターにインタビュー

風俗ライターにインタビューする人
風俗ライターになったきっかけはなんですか?
風俗ライター
もともと文章を書くのが好きでライターのお仕事をずっとしていたのですが、収入の面でよりステップアップしたいと思って風俗ライターになりました。
風俗ライターにインタビューする人
風俗ライターのやりがいを教えて下さい。
風俗ライター
私がライティングした記事を見てお客さんが来てくれたり、求人に応募してくれたりしたときはやはり嬉しいですね。
風俗ライターにインタビューする人
風俗ライターはどんな人が向いていると思いますか?
風俗ライター
文章書いたり写真撮ったり、コンテンツ作るのが好きな人はもちろんですが、何かひとつのテーマに対して興味を持って情報を収集できる人はライターに向いてると思います。
風俗ライターにインタビューする人
風俗ライターとして心がけていることはありますか?
風俗ライター
ウソは書かないとことです。

それに「いいところを見つける」ということを心がけています。どんなお店や女の子にも必ずキラリと光る長所があると思うので、そこにスポットを当てて、取材対象の本当の魅力を掘り下げたいと思っています。
風俗ライターにインタビューする人
将来の夢を教えてください。
風俗ライター
ますはライターとしてのスキルを磨いて、ステップアップすることです。ゆくゆくは自分でもメディアを運営して、Webディレクター的なことにもチャレンジできたらいいなと思っています。

風俗ライターの給料

風俗ライターの給料は、雇用形態によって違うので「幾ら」とはなかなか言いにくいです。

1文字〇〇円~というケースが多いですが、その金額は案件によってまちまちです。また、当然ながらライターのキャリアによっても原稿料は変わってきます。

ひと昔前まで、ウェブ系のライターは原稿料が安いイメージがありました。しかし、最近は紙媒体よりもウェブが主流になってきたこともあってギャラはかなり高騰しています。

そのなかでも、風俗業界は安定した超巨大産業なので他の分野のライターに比べても報酬が高いと言えるでしょう。

大手風俗グループ専属ライターともなれば高収入なのはもちろん、「1文字〇〇円~」という世界ではなく月給制で安定した固定給をもらえるのがメリット。 そんな専属の風俗ライターとして、特においしいと評判なのがシンデレラFCグループです。

会社に勤務する専属ライターになれば、月給24万円からのスタート。

しかも、風俗業界やライターの実務経験は問わないというのも太っ腹。

これだけの給料をもらいながらライターとして成長できる、とてもオイシイ求人です。

ライターに必要なスキル

世の中には、ライターという職業の人が様々な分野で活躍しています。

ライターとは文字通り「書く人」ですから、そのジャンルは本当に多岐に渡ります。

例えば、脚本を書く人はシナリオライター、曲を書く人はソングライター。キャッチコピーを書く人なら、コピーライターですね。

なかには、その分野を冠するライターもいます。音楽ライターや風俗ライターなどは、まさにその代表ですね。

ライターという職業には様々なスキルが要求されます。

まずは、書く力。すなわち、文章力。これは当然ですよね。

正しい言葉の使い方はできて当たり前。それに加えて、オリジナリティ――個性的であったり、あえて型破りなライティングで読者をアッと驚かせたりといった技術も問われてきます。

特に必要とされる能力は、この3つです。

構成力

ストーリーの流れを理解して、的確な文章を組み立てられる能力。

ウェブの記事は(紙媒体と違って)流し読みされることが多いので、内容がわかりにくいとすぐに離脱されてしまいます。

まずは冒頭で読者のハートをがっちり掴み、「結論」→「理由」の流れで要点を押さえた文章を書ける構成力が必要です。



理解力

記事を発注者の指示内容を適切に読み取れる能力です。

ライターは作家ではないので、自分の好き勝手な文章を書けばいいのではありません。当然、記事を発注した相手(編集者など)の意図に沿った記事を書く必要があります。そのためにも理解力は不可欠なスキルだと言えます。



リサーチ力

近年、ウェブサイトではユーザー(読者)の役に立つ「価値の高い記事」が求められています。

そうした記事を書くには、ユーザーの「検索意図」を把握する能力が必要です。ユーザーがどんな内容を欲しているかを掴むスキルがなくては、読者に届くメッセージをコンテンツとして発信することはできません。

また、ウェブで記事を書くのならSEO(検索エンジン最適化)のスキルも欠かせません。Googleの検索エンジンに記事の内容を的確に理解してもらえる見出しや文章の書き方を身につける必要があります。

記事ネタとなる対象をどれだけ掘り下げられるか。それが優れたライターの腕の見せ所です。

もちろん、取材対象の面白さを引き出すには、コミュニケーション能力も必要となってきます。

風俗ライターというのは、本当にとても奥が深くて、やりがいのあるお仕事なのです。



※風俗ライターに関連する記事は↓にもあります。



シンデレラFCグループ求人サイトはコチラ↓

高収入風俗男性求人 男性スタッフ募集中!!


オススメ求人

高収入男女スタッフ求人


上に戻る