風俗男性求人

風俗・デリヘルのスモール起業で稼ぐには

スモール起業

サラリーマンはいつ「失業」や「リストラ」の憂き目に遭うかわかりません。
過去の「リーマンショック」や「コロナ不況」を例に出すまでもなく、経済が落ち込めばあっという間に無宿生活に陥ってしまうこともあります。

雇用不安が社会問題となっている昨今、会社だけに頼らず自分でお金を稼ぐ手段を見つけようとするケースが急増しています。例えば、本業以外のサイドビジネスで副収入を得ている人は珍しくありません。
風俗ビジネスに関心を持つ本コラム読者のなかにも、会社に身を置きながら空いた時間でデリヘルの送迎ドライバーをしたいと考えている方は多いはず。

あるいは

「デリヘルや風俗を開業して一発当てたい!」

と、さらなる野望を抱いている方もたくさんいるのではないでしょうか。

起業には「リスク」が常に付き物です。
不況に強いと言われる風俗業界も密接、密閉、密集の「三密」の前には盤石ではないという現実を突きつけられました。

そんな今の時代こそ、求められるのは少ないリスクでスタートアップできるビジネス――すなわち「スモール起業」です。
今回は、風俗のスモール起業で稼ぐためのノウハウを考えてみたいと思います。デリヘルなどの風俗を開業したいとお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

シンデレラFCグループのデリヘル風俗開業支援
フランチャイズ制度はコチラ↓

デリヘル開業支援

スモール起業ってそもそも何?

スモール起業とは、小さな規模からビジネスをスタートすること。そのようにして始めるビジネスを「スモールビジネス」と呼びます。

風俗業界で言うなら、電話1台あれば始められるデリヘル開業などは、ある意味スモール起業と呼んでもいいかもしれません。

スモールビジネスにはこんな特徴があります。

・ビジネスのターゲットが明確
・顧客の幸福追求が第一
・キャッシュフローが速い

成功するスモールビジネスはターゲット層をあらかじめ明確に定めています。ターゲットをニッチな分野に絞り、どうすれば顧客に悦んでもらえるのかを徹底的に考えているから、小規模のビジネスでも大きなリターンを得られるというわけです。

また、スモールビジネスの特徴として、受注がたくさんあっても売掛金の回収が支払いに間に合わなければ、資金繰りがショートしてしまいます。その点、基本的に「現金商売」の風俗業界はスモールビジネス向きだと言えるでしょう。

風俗のスモールビジネス事例

風俗のスモールビジネス事例

風俗業界のスモール起業と聞くと、スタッフ1名とキャスト数名でデリヘル開業するパターンを連想しますが、それだけではありません。
他にもこういった事例があります。

オンライン

一般企業ではテレワークやリモート出勤が浸透しつつありますが、ナイトワークにおいてもテレワークかすすんでいるのはご存じの通り。
例えば、キャバクラやスナックなど接待を伴う飲食店の中にはzoomやSkypeを使いパソコン上でオンライン営業を行うお店が増えています。
こうしたシステムを利用すれば、従来の店舗型よりも投資額が少なくて済みます。それに、パソコンやネットワークのちょっとした知識があれば、少人数のスタッフでも運営は十分可能。まさにナイトワークでのスモールビジネス成功例です。

また、先の緊急事態宣言下では数多くの風俗嬢が休業を余儀なくされましたが、チャットレデイはそれほど影響を受けなかったようです。やはりオンライン営業ならではの強みが発揮されたと言えるでしょう。

風俗業界の中で比較的ダメージが少なかったのは「オナクラ」です。オナクラは基本的に濃厚接触がなく「見るだけ」の接客が功を奏したとも言われています。今後はチャットと組み合わせた「オンラインオナクラ」が今後のレンドになるかもしれません。


コーチング

これまでにも風俗業界にはキャストに接客マナーやプレイ技術、売れっ子になるコツなどを講習する「講習員(講師・インストラクター)」という存在がいました。
今後はこうした講師の営業もオンライン化がますます進んでいくでしょう。zoomやSkype、チャットでの講習やYouTubeを使った配信方式などが主流になっていくと思われます。

コンサルタント

また、風俗の運営者に経営ノウハウや売り上げアップの戦略を伝授する「風俗コンサルタント」。
こちらも「講習員」と同様にオンライン営業が増えていきそうです。

デザイナー、ライター

これらの職種は昔から独立起業するパターンが多く、スモールビジネス向きと言えます。デザイナーならデザイン会社から、ライターなら出版社などから独立するのが主流です。

風俗業界にも店舗サイトをデザインする「WEBデザイナー」や文章作成を担当する「風俗ライター」といった職種があります。
但し、コーチやデザイナー、ライターなどの仕事は他社の仕事を請け負います。そのため、事業継続には営業力と人脈が不可欠です。


上記以外にも風俗版スモールビジネスのアイデアはまだまだあるでしょう。
ニッチなトレンドを見極めることがスモールビジネスを成功に導く秘訣です。

スモール起業のメリット・デメリット

スモール起業のメリット・デメリット

スモール起業には下記のようなメリット・デメリットがあります。

メリット
スモール起業をした人の多くが「わずらわしい人間関係がない」「好きな仕事を好きなようにできる」ことをメリットに挙げています。それだけ人間関係に悩む人が多いようです。
また、事業運営に関わるランニングコストが最小限に抑えられるため、管理費用が最小限で済むだけでなく素早い意志決定ができることもメリットです。

デメリット
スモールビジネスは「企業としての信用度が低い」のがデメリットでしょう。
例えば、不測の事態になったときに金融機関の資金調達が難しい傾向があります。

また、自分以外に事業運営をする人間がいない場合、病気やケガで仕事ができなくなると仕事がストップしてしまいます。会社員なら有給休暇を取得したり、業務量を調整したりできますが、スモールビジネスではなかなかそうもいかないのが現状です。

安定して稼ぐならやっぱり「大手グループ」

大手風俗グループ

「寄らば大樹の陰」というのは言い古された言葉ですが、コロナ不況下ではなんだかんだ言っても母体の大きな会社の方が安心できることを実感した方も多いと思います。

風俗業界は他の業界に比べて安定感や将来性が低いというイメージがあるかもしれませんが、大手グループは一般企業以上にしっかりとした会社運営をしており、スタッフに長く働いてもらうために、福利厚生を充実させるなどしています。

大手風俗グループには推奨されるだけの理由がいくつもあります(下記の記事をご参照ください)。


起業や独立をする前に、実際に風俗業界で働いて経験を積んでおくことは大きなプラスにつながります。
大手風俗グループなら、店舗運営の現場に携わる受付ボーイ送迎ドライバーなどの内勤スタッフ以外にも店舗サイトのプログラマーやデザイナー、カメラマン、ライター、SEOスタッフなど多彩な職種が用意されています。

また、将来的に風俗での開業を目指すなら、フランチャイズ制度の利用を考えてみるのもいいでしょう。
大手風俗グループの中にはフランチャイズ制度を設けているところもあり、開業支援のみならず資金面を支援してくれるケースがあります。こうした制度を利用すれば、上述したデメリットを回避しやすくあります。
特に、過去に起業に失敗した経験がある方は、この方法でリベンジしてみるのもいいかもしれません。

風俗業界は常に変化が求められています。これまでもユニークなアイデアで革新的でニッチな店舗が生まれ、時代の流れを大きく変えてきました。

今はまさに風俗ルネサンスの時代。デリヘルなど風俗の開業を目指している方は、まずはスモール起業から始めてみてはいかがですか?



シンデレラFCグループ求人サイトはコチラ↓

高収入風俗男性求人 男性スタッフ募集中!!


オススメ求人

高収入男女スタッフ求人


上に戻る