風俗やデリヘルを辞めたい方へ 卒業後のセカンドキャリアのご提案

かつて風俗を辞めたいと思っていた女性スタッフたち

風俗を辞めたい…
そんな風に考えている現役風俗嬢の方も少なくありません。

「風俗嬢を辞めたいなら、辞めればいいじゃないか」
そんな風に思う人がいるかも知れませんが、風俗嬢という仕事は簡単には辞められないのです。

それには2つの理由があります。

目次
風俗を辞めれない理由1 金銭感覚
風俗を辞めれない理由2 職歴
罪悪感から風俗を辞めたいと思っている人へ
仕事を辞めたいと思っているあなたへ
風俗を辞めたいあなたが活きるセカンドキャリア5選
キャスト卒業後にライターとして頑張っている女性の生の声
風俗を辞めたいのは、あなただけじゃない
年齢を理由に風俗を辞めたいと考えてる人へ
とりあえず辞める!のもひとつの選択
風俗辞めたい…みんなの意見まとめ
風俗を辞めたいのに辞められない問題に切り込んだ良書
みんなが仕事を辞めたい理由
風俗を辞めたい男性へ


風俗を辞めれない理由1 金銭感覚

風俗嬢の仕事は、一般的な仕事では考えられないほどの収入が短時間で稼げてしまいます。
人間というものは、生活水準を上げるのは簡単でも、下げるのは難しいものなのです。

ましてや、風俗嬢という仕事は、一般の仕事に比べてメンタルもフィジカルもハードです。
仕事のストレスを解消する為に「高級なブランド品を買う」「ホストクラブに通う」などの大きな浪費をしてしまうのです。

そんな時は、誰かの力を借りましょう。
人間は弱いもので、強い意志を貫ける人は少ないです。
浪費癖があるならば、お店や家族、友達に保管してもらい、わざと自由に使えない様にするといいでしょう。

風俗を辞めれない理由2 職歴

学生のアルバイトや副業としてではなく、専業で風俗嬢をやっている女性のケースです。
職務経歴としては、まだまだネガティブなイメージを持たれやすいのが風俗嬢という仕事です。

面接の時に言えない…
風俗嬢の仕事を活かせる仕事がない…

そんな背景も、風俗嬢を辞めてセカンドキャリアにトライする気持ちを削いでいる要因です。

【PR】シンデレラFCグループには風俗嬢だったキャリアを存分に活かせる職種がたくさん↓

風俗を辞めたい女性大歓迎の求人

関東最大級風俗のシンデレラFCグループでは、風俗を辞めたいと思っている現役風俗嬢の方を大募集しています。
内勤・事務・ケアスタッフ・講習員などの店舗運営の職種から、メールオペレーター・ヘアメイク・ライター・レタッチャー・デザイナー・プログラマーなどの専門職やクリエイターまで、幅広いセカンドキャリアの道があります。
もしかしたら、中には風俗のキャストである事を否定的に捉えている方がいらっしゃるかも知れません。
しかし、過去を肯定するか否定するかはこれからの生き方次第なのです。
シンデレラFCグループでは、風俗嬢キャリアの嗅覚や仕事術、培った経験など、あなた独自の感性をいかんなく発揮して頂きたいと考えております。

罪悪感から風俗を辞めたいと思っている人へ

風俗を辞めたいと思っている人の中には、賎しさ(職業として劣っている)が理由になっている事があるかも知れません。
しかし、その様な理由で「風俗を辞めたい」と思う必要は1ミリもないのです。
自由競争が繰り広げられる資本主義の現代において、市場に選ばれるイコール正しいのです。
必要とされているから、その仕事があるのです。
資本主義が成熟していない大昔の時代の人でさえ「職業に貴賎なし」という格言を残しています。
職業に貴いも賎しいもないのです。

仕事を辞めたいと思っているあなたへ

いま現在、仕事を辞めたいと思っているあなたへ。
日本が世界に誇る宝である憲法、その第22条第1項に職業選択の自由がハッキリと記述されています。
職業選択の自由があると同時に、仕事を辞める自由もあります。
迷惑をかけたくない、生活や守るべき人のため、将来や経済的安定のため…
色んな理由で辞めたいのに辞められない人が多いと思います。
しかし、あなたの人生はあなたにしか生きられません。
あなたの課題は、あなたにしか解決できません。
ここ日本でも資本主義という仕組みを採用している以上、働かなければお金はもらえません。
一方で本当に弱っている人を保護する制度だってあります。
メンタルやフィジカルを取り返しがつかないほど壊してしまうまえに辞める。
それは逃避でもなんでもなく、勇気ある選択なのです。

風俗を辞めたいあなたが活きるセカンドキャリア5選

風俗を辞めたい方のセカンドキャリア1 内勤スタッフ

セカンドキャリアとして、裏方である店舗運営スタッフにまわります。
キャスト管理やプロモーション業務では、キャストだった経験を存分に活かせるでしょう。
参考:女性内勤スタッフの風俗求人

風俗を辞めたい方のセカンドキャリア2 ライター

風俗はキャスト求人の成功が経営の成功と直結しています。
その為、キャストだった経験を活かした文章が書けるライターがとても重宝されます。
参考:風俗ライター求人

風俗を辞めたい方のセカンドキャリア3 レタッチャー

風俗店の経営を語る上で、イメージ戦略はとても重要です。
その根幹とも言えるのがレタッチで、キャストの画像編集を専門に行う部門があるほどです。
画像編集ソフトの知識や技術を身につけるのが少し大変ですが、頑張ればなんとかなります。
実際に未経験でもオッケーのレタッチャー求人はたくさんあります。
大切なのはそのキャストの本来の魅力をどれだけ引き出せるか。
そう言った感覚も、キャストを経験したあなたには備わっているはずです。
参考:風俗のレタッチャー求人

風俗を辞めたい方のセカンドキャリア4 講習員

風俗業界では、年々女性講習員の需要が高まっています。
キャストだった経験を通して、どういう振舞いやプレイがお客様に好まれるか知っているはずです。
今度のはそのノウハウを講習する側にキャリアアップするのです。
参考:女性講習員の風俗求人

風俗を辞めたい方のセカンドキャリア5 事務職・オフィスワーク

風俗はこれだけ大きな一大産業ですから、事務職やオフィスワークもたくさんあります。
総務や経理、人事や会計などからメールオペレーターなんかもあります。
細かい部分でキャストだった経験を活かせることでしょう。
参考:風俗の事務・オフィスワーク

キャスト卒業後にライターとして頑張っている女性の生の声

風俗を辞めたいと思っていてライターになった女性

私は大学時代に風俗を始めてから、卒業後も奨学金返済の為に2年ほどは専業の風俗嬢として働いていました。
奨学金も完済し風俗を辞めたいと思っていた頃に、ライターと言う職種がある事を知りました。
就職するにも専業で風俗嬢をしていた2年間をどう説明しようか迷っていたし、風俗嬢のキャリアをそのまま活かせる仕事である事も魅力に感じました。
すぐにエントリーし、大手風俗グループの常勤ライターに採用してもらいました。
仕事内容としては、グループが運営しているメディアのライティングを行ったりしています。
ウェブマーケティングをし、ターゲットを定め、そのページの目的を果たせる様なライティングが要求されます。
私自身、長い間キャストをやっていた事もあって、なんとかライターとしてやっていけてます。
収入が高いこと以外に何のプラスも無いと思ってた過去が、こんな形で活かせるとは思ってもいませんでした。
風俗を辞めたいと思ってたあの頃、とにかく次のステップの為に色々と情報収集をしていて本当に良かったと思っています。

風俗を辞めたいのは、あなただけじゃない

「風俗 辞めたい」の検索ボリューム

グーグルのツールによると「風俗 辞めたい」と検索されている数が、直近12カ月の月間平均で320あります。
意外と少ないと思われるかも知れませんが、あくまでも完全一致で「風俗 辞めたい」と検索された数ですので、逆にした「辞めたい 風俗」やワード違いの「デリヘル 辞めたい」などは含まれていません。
また、グーグルでの検索に限った数字で、日本ではかなりのシェアを誇るYahoo!JAPANは含んでいません。
Twitterなんかでも「風俗 辞めたい」と検索すると、多くの風俗を辞めたいと思っている人のつぶやきが散見されます。
風俗を辞めたいのは、あなただけじゃないじゃないんです。

年齢を理由に風俗を辞めたいと考えてる人へ

風俗で働けるのは若いうちだけ…
その様に考えて、焦って風俗を辞める必要はないと思います。
風俗のジャンルは実に広く、人妻専門店や熟女専門店などが確かなニーズのもとに存在しています。
年齢が高いからと言って風俗で働けなくなる訳ではありません。
風俗を辞めたいからと言って、無計画に辞めても路頭に迷ってしまうので、ちゃんと計画を立ててから辞める様にするといいでしょう。

参考:風俗のスタッフは年齢不問

とりあえず辞める!のもひとつの選択

「風俗を辞めたい」
経済的な理由などもあって、そういう気持ちを抱えたまま仕事を続けている方も少なくないと思います。
そんな状況でも、とりあえず辞めてみるのもひとつの選択です。
風俗のキャストは基本的に「出戻り大歓迎」です。
シフトを全うせずいきなり辞めるとか、迷惑をかけて辞めた場合でない限り出戻りはできます。
実際に辞めてみることで自分を追い込む事ができ、自然と次のステップに行けるかも知れません。
もしダメだったとしても、恥ずかしがらずに出戻ればいいんです。
失敗したとしても、少しでも学びや気づきがあるはずです。

風俗辞めたい…みんなの意見まとめ

風俗を辞めたいのに辞められない問題に切り込んだ良書

風俗嬢の見えない孤立 著:角間 惇一郎

風俗を辞めたいのに辞められない問題に切り込んだ良書「風俗嬢の見えない孤立」

風俗を辞めたい女性を支援する一般社団法人 Grow As Peopleの角間惇一郎氏によって書かれた良書です。

みんなが仕事を辞めたい理由

みんなが仕事を辞めたい理由

風俗に限らず、世の中には「仕事を辞めたい」と思っている人がたくさんいます。
その「辞めたい」と思う気持ちは自然な事でもあります。
有史以来、仕事とは自分や誰かの為に行う生産活動です。
頑張ったり苦労したりして何かを生み出すからこそ、社会の一員として機能し、社会の中で生きていけるのです。
つまり「仕事が大変なこと」なのは当たり前なのです。
誰だって楽したいですから「仕事を辞めたい」と思うのは自然な事なのです。

さて、前置きが長くなりましたが、それでは皆さんはどんな理由で仕事を辞めたいと思っているのでしょうか。
大手の転職サイトによると、辞めたい理由として多かった順に
人間関係 / 自分への評価 / 社風 / 給料 / 拘束時間 / 将来性
に対しての不満が挙がったそうです。
この事から、現代社会人はお金の為に働いていることが分かります。
仕事自体が自己実現とイコールならば、こんな事を不満に思うはずがないですもんね。

まぁそれは置いといて、どんな理由であれ辞めたいと思ってるなら辞めればいいんです。
そして転職を繰り返して、結局は自分が成長しないと何も変わらない事を腹の底から理解すればいいんです。
人間関係や社風に苦しむのも、自分への評価や給料が低いのも自分のせい。
将来性なんてものは、企業ではなく自分自身に備えて行くものです。

仕事帰りに愚痴を肴に酒をあおる時間とお金があるなら、自分の市場価値を高める投資をしましょう。
何かに対する不満から辞めたいと思っているならば、まずは自分を変えましょう。

風俗を辞めたい男性へ

このページでは、風俗嬢を辞めたい女性に対して、風俗嬢だったキャリアを活かせるセカンドキャリアの提案しています。
しかし、利用者として風俗を辞めたいと思っている男性もいます。
お酒やタバコと同じで、風俗にもある種の依存性があるのでしょう。
中には、借金をしてまで風俗に通う方もいるほどですから。
そんな風俗を辞めたいと思っている男性は、一度風俗のスタッフになってみるのはいかがでしょうか。
これまで利用者として華やかで刺激的な側面しか見てませんでしたが、供給する側になる事で見方が変わり、風俗を辞められるかも知れませんよ。

↑ ページ上部へ