上京する為に風俗を利用した

上京する為に風俗を利用した

私には「上京をする」という明確な目標がありました。
上京は行動、つまり手段であって目的ではないと思う方がいらっしゃるかも知れませんが、ちゃんと理由があります。

まずは、私が生まれ育った場所があまりにも田舎であるという点です。
田舎は働き口の産業と職種に限りがあります。
そして、その市場自体に限界がありますから、いち労働者の職得の増加にも限界があります。

つぎに、この場所はつまらなすぎる。
そんな思いが無くなることはありませんでした。
人、景色、営み…
私にとって全てがつまらなかったのです。

私の「金持ちになりたい」「刺激が欲しい」という欲求を満たす為には上京するしかなかったのです。

そこで私は風俗のスタッフになるという選択をしました。
なぜ風俗を選んだかと言うと、他の産業(飲食や製造)に比べて寮のスペックが良かったのと、寮がより都心にあったことです。
その様な動機と経緯で、私は上京しました。
風俗のスタッフとしてはまだまだ上を目指せるし、刺激的な毎日を送っています。

【PR】シンデレラFCグループは上京して出稼ぎしたい方を積極採用中!

上京したい方を積極採用している求人

上京とは

上京とは

上京とは、日本の首都である「東京」に移住する事を指します。
短い期間だけ東京に行く場合は上京とは言いません。
日本では、交通機関でも道路でも都市部に向かう事を「上り」と言い、その逆を「下り」と言いますね。
もちろん厳密な定義があるらしいのですが、多くの人がそういう使い方をしています。
東京は日本で最大の都市ですから、どの場所から移住する場合でも「上り」に該当します。
京は、説明するまでも無く東京の京ですね。
上京という言葉にはそんな意味があります。

東京という街に暮らした事がある人なら分かると思いますが、出会う人は地方出身者の方が多いです。
東京に住んでいる多くの人が、何かしらの理由で上京しています。
「仕事が無いから」「学生として」「夢を叶えるために」「刺激を求めて」
どんな理由で上京するにせよ、それぞれに上京の際してのドラマを持っています。
だからこそ「上京」や「東京」に関する多くの作品(映画・音楽・小説など)が広く共感され、人々の中に刻まれています。
シャ乱Qの「上京物語」なんかとても有名な歌です。

上京と風俗に関する様々なツイート

風俗で上京と言えば、スタッフではなくキャストの方が盛んな様ですね。

↑ ページ上部へ