風俗男性求人

パチンコ店からの風俗転職は経験を活かせて高収入

パチンコ店からの風俗転職
は経験を活かせて高収入

パチンコ店員からの風俗転職

風俗の男性求人に応募してくる方々の前職は様々です。

風俗とはまったく関係のない一般企業サラリーマンなどの「堅い」仕事から転職してくる人も大勢います。多くは自分の才覚だけで高収入を実現することがその目的でしょう。

一方、風俗業界と割と近い業種から転職してくる方々も少なくありません。その代表例に「パチンコ業界」があります。

2020年に日本を襲った新型コロナウィルスでパチンコ業界は大変なピンチに陥りました。

政府の緊急事態宣言によって外出自粛の要請が全国に広がる中、パチンコ店は密閉・密集・密接――「三密」の象徴として槍玉に挙げられて休業を余儀なくされました。かなり深刻な売り上げダウンに追い込まれ、倒産する店舗が増えるとの予想もあったほど。

パチンコ依存症のお客にとっては泣きっ面に蜂というところですが、もっと困るのは言うまでもなく、パチンコ店従業員の方々でしょう。

そんな現(または元)パチンコ従業員、あるいはパチンコで生計を立てていた方々に風俗業界への転職をぜひおすすめします。

【PR】関東最大級の大手ホワイト企業 シンデレラFCグループの求人

関東最大級の大手風俗シンデレラFCグループの求人

パチンコ業界が「斜陽産業」と言われる理由

パチンコ業界が「斜陽産業」と言われる理由

まず、予めお断りしておきますが、このコラムを執筆している2020年5月現在、風俗業界も他の業界と同様に苦境に立たされています。

しかし、日本が新型コロナを克服した後の展望を考えると、パチンコ業界よりは明るい未来が開けていると言えそうです。

その理由の一つは、パチンコ(パチスロも含む)業界は数々の規制により規模縮小の傾向にあるからです。
産業自体が右肩下がりのため、将来的に安定した収入が得られないのではないかと不安が広がっています。そこにコロナの波が襲ってきたわけですから、とどめを刺されたようなもの(泣)。

実は、先述したようにこうした状況になる以前からパチンコ業界の離職率はかなり高いと言われていました。その要因には下記のようなものがあります。

世間体が悪い

パチンコは「ギャンブル」ですから、一般的にあまり世間体がよいものとは言えない面があります。パチンコ店で働いている、あるいはパチンコにハマっているというだけで「柄が悪い」「金遣いが荒い」「低俗」といった印象を与えてしまいがちです。

もちろん、パチンコ店員はサービス業に従事する立派な仕事です。しかし、残念なことに業界自体がグレーゾーンのギャンブルであるため、世間からの偏見を持たれやすい風潮もあるようです。

中には「なかなか結婚できない」といった悩みを持つ人もいます。世間体の悪さから、相手側の両親に反対されるケースが多いからです。そのためパチンコ業界で働いていることを隠し、ゲームセンターなどのアミューズメント関連に勤務しているとごまかしている人も多いとか。

また、パチンコ店は長期雇用に向かないため、金融機関の信用が低く各種ローンが組みにくい特徴があります。さらにギャンブルにかかわる業種なので、自分の子どもに対しても仕事の内容を言いだしにくいもの。そうした点も結婚のハードルが厳しくなっている理由の一つです。

健康不安がある

パチンコ店員の退職理由で意外と多いのが「健康被害」です。

一般的に、パチンコ屋の従業員は長時間の肉体労働を課せられています。ホールでの作業は基本的に立ち仕事のため、足腰にも負担がかかります。20代ならば若さと体力にものを言わせて働くこともできますが、30代や40代以降にはホール勤務は厳しいでしょう。

さらに大変なのがリニューアルオープンや新台入れ替えシーズン。重いパチンコ台を大量に搬入しなくはならず、ますます重労働がのしかかってきます。不幸にもヘルニアを患い腰痛が慢性化してしまうケースもあります。長期的に考えると、身体に鞭を打って働くにはおのずと限界がでてくると言えます。

ストレスなどで精神的に問題を抱える従業員も少なくないようです。

パチンコ店員はお客さんとのトラブルがつきもの。負けてイライラしたお客さんから恫喝されたり暴行を受けたりといったトラブルから仕事に嫌気がさして冷退職してしまう人もいるとか。

また、一部には上司からの理不尽なパワハラなどで病んでしまう人も。他に大音量のBGMに長時間晒されることによるストレスや聴覚被害も問題視されているようです。

スキルアップが望めない

誤解を恐れずに言ってしまいますが、パチンコ屋の店員は基本的に「誰にでもできる仕事」と世間に認識されています。パチンコ業界に長い間従事しても「手に職が付かない」「自己のスキルアップに繋がりにくい」のが現状です。

そのため、前職がパチンコ屋の従業員と職務経歴書に書いただけで転職に不利になってしまうケースもあるようです。パチンコ屋は誰にでも務まる仕事ですが、その後のキャリアを考えるとあまり長期間働かない方が賢明かもしれません(幹部に出世できれば話は別)。

これらの事情は風俗業界も似たようなものかもしれません。多くは風俗業界にもそっくりあてはまると言っていいでしょう。

しかし、風俗の消費行動は(パチンコがギャンブルであるのと違い)「性欲」によって支えられています。性欲は人間の三大欲求の一つであり、なくてはならないもの。世の中から性欲が決してなくならないことは言うまでもありません。

また、風俗業界は社会におけるセーフティネットの側面があることも「強み」だと言えるでしょう。

風俗は不況に比較的強い業界とよく言われますが、それはあながち間違った見解ではありません。新型コロナに騒動に伴う営業自粛は風俗業界にも大打撃を与えましたが、長い目ではV字回復が大いに見込まれています。

風俗ならパチンコ業界での経験を活かせる!

風俗ならパチンコ業界での経験を活かせる!

以上のような要因から、パチンコ業界を辞めて転職を考える方は大勢います。昨今の新型コロナによる経済不況により、さらにその数は増えていることでしょう。

そんな方々にぜひ、風俗業界への転職を真剣に検討していただきたいと考えます。

風俗の内勤スタッフは、接客スキル・コミュニケーション能力が求められます。過去にパチンコ業界で働いた経験を存分に活かせるのです。

具体的には「しっかり声を出してハキハキ話せる」「丁寧な言葉使いができる」「お客様に礼儀正しく接することができる」「身だしなみに気を遣える」といったことです。

また、仕事は「電話対応・女性キャストのケア」が中心。綺麗なオフィスでの内勤の仕事が主な業務内容となります。そのためパチンコ店員とは違って「健康被害を受けにくい」というのも大きなメリットです。

さらに、パチンコ業界でハードな仕事をこなしてきただけに「打たれ強い」のもメリット。体力面や精神面で鍛えられている分、即戦力として活躍できるチャンスが転がっています。

よく言われる話ですが、風俗業界は「完全実力主義」。例え、学力や資格がなくてもやる気があれば出世と高収入が見込めます。夢のある世界です!

メリットは他にもあります。例えば、店内のPOP広告(新台プロモーション用の宣伝媒体)の作成経験がある方なら、パソコンスキルを活かせます。「イラストレーター」や「フォトショップ」といったソフトを扱うことができれば重宝されることでしょう。

ただし、パチンコ業界からの転職を検討している方にアドバイスが一点あります。それは風俗業界に転職するなら絶対に「大手風俗グループを目指すべき」ということ。

なぜなら、新型コロナのような騒動がこの先また起きることも考えられますからね(もちろん起きてほしくないですが)。その場合、経営体力に余力がある大手グループの方が生き残れる可能性が高くなるからです。

今はコロナ不況でどん底生活でも、風俗業界なら人生の勝ち組になれる可能性は十分あります。必ず一発逆転できると信じ、辛い状況を乗り越えて前向きに頑張りましょう。



シンデレラFCグループ求人サイトはコチラ↓

高収入風俗男性求人 男性スタッフ募集中!!


オススメ求人

高収入男女スタッフ求人


上に戻る